ネタバレ 2015/03/09

【アロー/ARROWシーズン1第17~18話】のあらすじ【ネタバレ注意】

Arrow-thumb

%アロー/ARROWを観る

%第17話「女神の暴走」

オリバーのクラブ『ヴァーダント』のオープンも間近、マッケナとの関係も好調なある日、父親への復讐のため街にヘレナが戻ってくる。オリバーに近づき、協力しなければオリバーの家族を傷つけると脅す。

テアはロイの力になろうとヴァーダントで働くように勧めるが、気の進まないロイは仕事をすっぽかす。ロイに会いに行った帰りにテアは男たちに囲まれてしまうが、ロイが現れて助ける。

クラブのオープン、ハントレスはトミーを人質に取り、オリバーに協力を迫る。 ヘレナの父親は護送車に乗っている。ハントレスとアローに扮したヘレナとオリバーは二手に分かれて車を追う。ヘレナは警察に捕まってしまい、ランスとマッケナはアローの正体と引きかえに取引しようとする。ヘレナはアローの正体はオリバーだと言うが、ランスもマッケナも信じない。その時アローがヘレナを助けに現れ、二人は警察署から脱出する。オリバーはヘレナに街から離れるようにと言うがヘレナは同意しない。

ハントレスは店からボウガンを盗みフェリシティを脅し、父親のセーフハウスを探す。父親の居場所に侵入するがアローに邪魔される。そこに現れたマッケナはハントレスに撃たれてしまう。マッケナは重傷を負い、コースト シティでリハビリすることにする。

母ダイナが戻ってきたことに戸惑うローレル。翌朝ランスと3人で再会する。ダイナは旅行者が撮った写真の隅に写っているのはサラかもしれない、オリバーの発見された辺りの島の一つで生きているかもしれない、と話す。ローレルはもっと慎重に調べてから答えを出すべきだと言う。ランスは最初は聞く耳を持たないが次第にダイナの話に耳を傾ける。

フラッシュバックではオリバーたちはファイヤーズらのミサイルを止めようとする。護衛の者たちを騙してミサイルに近づき発射装置を破壊しようと計画するが、オリバーは代わりに基板を抜き取り、基板と引き換えに島から脱出しようと無線でファイヤーズと交渉する。

%第18話「救世主」

スターリング シティの悪徳家主ニッケルに裁きを下そうと、アローに扮し彼の家に忍び込むオリバー。だが何者かがすでにニッケルを誘拐していた。オリバーはディグルとの食事で8ヶ月経ってもなお心は島に留まっていることについて語り合う。その時フェリシティから連絡があり「救世主」と名乗る男がグレーズ地区を一掃するためにニッケルを射殺する映像がオンラインで放送されているのを知る。

ランスとダイナはサラは生きているのではないかと思い、二人で協力し写真の隅に写った女性について調べる。だが結局はサラではないことが分かる。ダイナはサラはまだ生きていると信じながらもローレルとランスの元を去る。

マルコムはモイラにトライアッドのメンバーが逮捕されたと伝える。モイラがフランクとマルコムの暗殺に失敗したことを話していた時ダークアーチャーが現れフランクを殺害する。モイラは命乞いをして助かる。

地方検事ギャビン カーナハンが拉致され、フェリシティは救世主の手がかりを追う。捜索も虚しくカーナハンは殺されてしまう。テアはロイを訪ねるがロイは何者かに誘拐されてしまう。このままではロイが次の犠牲者になってしまう。ディグルはオンラインで流される画像の雑音から、救世主は今は使われていない昔の地下鉄で移動しながら犯行に及んでいることを突き止める。オリバーたちは救世主を見つける。ロイを処刑しようとする救世主にオリバーは矢を放ち、ロイは救出される。オリバーは父親の手帳の丸い紋様はグレーズ地区の地下鉄の路線と一致していることに気づく。

フラッシュバックではファイヤーズはオリバーたちの取引に同意し、基板と引き換えにボートを提供すると言う。ファイヤーズらは取引場所にヤオと彼の娘のシャドウを連れて来る。もしオリバーたちが裏切れば娘を殺すと脅すがシャドウは自力で逃げ出し、オリバーらと隠れ家に戻る。ところが基板はすでに盗まれてしまっていた。ミサイル発射の準備は整うがシャドウはファイヤーズの計画を知っていると言う。

%感想

17話は原題”The Huntress Returns”で、この回の話が大筋分かってしまいましたね。オリバーとヘレナの話には何のひねりもありませんでしたが、サラが生きているかもしれないという展開には驚きです。これだから毎回見逃せません。結局今回は間違いでしたが、今後再浮上するでしょう。またロイはオリジナル通り、アローの子分になる日も近いのでしょうか?あるいはそう見せかけて悪役に回ってしまうのか?モイラとダークアーチャーは?相変わらず謎すぎてハマります。

%アロー/ARROWを観る

合わせて読みたい記事