ネタバレ 2015/03/09

【リベンジ / Revengeシーズン1第11~12話】のあらすじ【ネタバレ注意】

revenge

%リベンジ / Revengeを観る

%第十一話 脅迫

グレイソン家がエミリーの父デービッドに無実の罪を着せた証拠を入手したタイラーは、コンラッドを脅迫する。ノーランから奪った映像と引き換えに巨額の報酬をコンラッドに要求した。

ノーランからこれ以上、協力しないと告げられたエミリーはノーランから邸を訪れ、謝罪する。謝罪を受け入れたノーランは、タイラーに奪われた証拠映像はグレイソン邸にあるタイラーの部屋にあることを告げる。エミリーはタイラーの部屋へ忍び込み、その映像が記録されているメモリーを奪い返す。その時にタイラーのカバンから鎮静薬を見つける。

その薬を処方した医師に電話をかけると、その医師がタイラーに暴行されて入院中であり、タイラーも警察に追われている事が判明する。この事実からタイラーの周辺を調査したノーランは、タイラーの兄アレクサンダーに連絡をし、タイラーを引き取るように依頼する。

タイラーは証拠映像が映っているメモリーをノーランが奪ったと思い、ナイフを片手にノーラン邸を襲う。ノーランの腕を切り裂き、メモリーを奪ったのがエミリーであることを知る。エミリー邸を物色するノーランだが、メモリーは見つからない。そこに海岸でダニエルの誕生日会を行っていたエミリーがバースデーケーキを取りに現れる。エミリーはタイラーを罵ると、タイラーはエミリーへ銃口を向ける。エミリーはタイラーに促されるまま誕生日会へ戻り、そこにはグレイソン家とその友人達が居た。タイラーは拳銃でコンラッドを脅し、エミリーの父デービッドに無実の罪を着せた事を、皆の前で告白するように迫る。

コンラッドはこれを拒否したところ、タイラーはエミリーに銃口を向け、引き金を弾こうとした。そこへタイラーの兄アレクサンダーがノーランと共に駆けつけ、タイラーを説得し取り押さえた。タイラーは警察に引き渡されたが、その際、エミリーはグレイソン家の元警備担当で何者かに殺害されたフランクの身分証明書をタイラーの上着のポケットに忍ばせた。タイラーはエミリー殺害未遂だけではなく、フランク殺害の容疑者としても逮捕され、エミリーはタイラーを葬り去る事に成功した。

%第十二話 汚名

無実の罪で投獄されたエミリーの父デービッドは、真実を世間に伝えたいと考え作家メイソン・トレッドウエルに事件の真相を話し、それをもとに本の出版を依頼する。当時、施設に預けられていたエミリーのもとにもメイソンは訪ねてきて、デービッドを助けたいと言い、エミリーから話を聞きだそうとする。エミリーはメイソンを信じ真実を伝えるが、出版された本は嘘で塗り固められたもので、デービッドが真犯人であると断定するものであった。グレイソン家が裏で手をまわし、メイソンを買収して事実を捻じ曲げた結果、出来あがった本であった。

そのメイソンがハンプトンへ現れる。エミリーは復讐を企て、協力者ノーランをメイソンに紹介し、IT長者である彼の伝記を書かせるそぶりを見せる。 一方で、アマンダがハンプトンに現れ、心配になったビクトリアはメイソンにアマンダの目的を探るように命令する。メイソンはアマンダにインタビューを申し込んだ。これを知ったエミリーはアマンダにインタビューを受ける際、メイソンに過去の事実を婉曲した事をばらすと脅迫する事を依頼する。インタビュー当日、アマンダはエミリーの指示に従い、デービッドの無実を晴らす約束を反故にしたメイソンを責める。

デービッドとビクトリアが恋仲であった事もメイソンは知っていたが、これを否定する内容の記事を書いた点も責めた。そして真実をメイソンが言わないならば、自分でそれを公にすると迫った。真実を公にする事も考えたメイソンであったが、ビクトリアからも脅迫されて真実を隠蔽したままにする事を選んだ。これを知ったエミリーはノーランの協力得て、メイソンの自宅に放火して、メイソンの取材記録を全て灰にしてしまう。

放火する前に父デービッドに関する取材記録をエミリーは自宅に持ち帰る。デービッドにインタビューするビデオがあり、それを見るエミリー。そこにはビクトリアの娘シャーロットの本当の父親は、自分であると告白するデービッドの姿が映し出されていた。この衝撃的な事実をエミリーは知ってしまう。

%感想

シーズン1前半の最大の山場を迎える。タイラーがその狂暴性を表し、エミリーとその周囲の人々を襲い始める姿は視聴していて恐怖を感じます。そのような状況下でもエミリーは策を巡らし、事前に手を打っていたお陰で難を逃れる場面は、非常にエキサイティングなものです。タイラーが警察に逮捕され一段落したと思われた矢先、新たな復讐相手である作家メイソンが登場し、ビクトリアの娘シャーロットの父親がデービッドである驚異の事実が判明する。この新たな局面が今後どのように展開されていくのか非常に楽しみです。

%リベンジ / Revengeを観る

合わせて読みたい記事