ネタバレ 2015/03/09

【リベンジ / Revengeシーズン1第9~10話】のあらすじ【ネタバレ注意】

revenge

%リベンジ / Revengeを観る

%第九話 秘密

ハンプトンへ舞い戻ってきたアマンダ。アマンダはバーのオーナーであるジャック・ポーターに接近する。ジャックの保有する船の名前が“アマンダ”である事を知ったアマンダは、ジャックとエミリーが幼馴染である事に気づく。ジャックに惹かれて、ハンプトンに自分の居場所を求めるアマンダは、自分がデービッド・クラークの娘アマンダであると嘘をつく。これを信じたジャックはアマンダを受け入れ、その話をエミリーにする。

絶対絶命の危機に陥ったエミリーはかつての師匠サトシ・タケダに連絡を取る。エミリーは少年刑務所に入れられていた時、シャロン・スタイル所長からサトシを紹介された。かつてサトシはエミリーを日本へ呼び寄せ、復讐に対する心構えや忍術を教えた師匠である。エミリーに呼ばれたサトシは日本の投資家としてハンプトンへ現れた。グレイソン家で行われた投資家勧誘のパーティーで、サトシはエミリーと再会する。

このパーティーではもう一つの策略があった。コンラッドは自分の息子ダニエルとその親友タイラーで、どちらが大口顧客を獲得出来るか競争をさせていた。ダニエルはサトシに投資を呼びかけたが、契約までには至らなかった。その一方、タイラーは以前関係を結んだノーランに2000万ドルの契約を持ちかけ、口約束ではあるが承諾を得た。しかしノーランが契約を承諾した裏には、エミリーからの指示があった。

自分を陥れようと画策するタイラーに対し、まずはアマンダを何とかしなければならないエミリーは、タイラーを相手にする余裕はなく、タイラーには大口投資契約に集中させ、自分への攻撃を一時的に足止めさせたかった。更にタイラーは、グレイソン家でリディアが書いた告発スピーチの原稿を盗み得る。この告発スピーチには、過去グレイソン家がエミリーの父デービッドを無実の罪に陥れた内容が書かれていた。これを見たタイラーはこの事件を調べ始めるが、この事もノーランの知る術となる。

グレイソン家で療養をしていたリディアは、記憶は戻らないものの順調に回復していた。しかしビクトリアから携帯を取り上げられ、寝室に閉じ込められていた。これに不満を持っていたリディアは、パーティーに参加するためグレイソン家へ戻ってきていたコンラッドへ寝室から出たいと依頼した。コンラッドはこれに応えてリディアをグレイソン家から移動させる。この事を知ったビクトリアは怒り、コンラッドとの関係がより悪化する。

%第十話 阻害

アマンダの出現とタイラーの攻撃を受けて、エミリーは追い詰められる。この危機を打破する為に師匠サトシ・タケダの稽古を受けるエミリー。サトシは復讐を果たすには非情になれとエミリーに教えを説く。アマンダ、タイラーと2人の敵に対処するにはどのように対処すれば良いか相談を受けるサトシ。サトシは1人ずつ敵を倒し、強敵であるアマンダにはエミリーの最大の敵、ビクトリアを利用して倒す事を助言する。

エミリーは自宅にアマンダを呼び、自分の過去の情報をアマンダに渡し、それを覚えるように依頼する。特にグレイソン家が父・デービッドへ行った仕打ちについて良く覚えるように伝える。そこへグレイソン家の息子ダニエルが現れる。エミリーはわざとアマンダをダニエルに紹介し、ダニエルはあのアマンダがハンプトンへ戻ってきたことに驚く。

もう一人の敵タイラーは、エミリーの協力者ノーランからグレイソン家が運用するファンドに出資を得ることに成功する。この出資の裏にはタイラーがノーランと関係を持った事をエミリーは2人の情事が映ったビデオから知る。ノーランに裏切られたと思ったエミリーは、出資金集めでタイラーと競争関係にあるダニエルにこの事を打ち明ける。ダニエルはこの話を父コンラッドに伝え、タイラーを自宅から追い出す事を提案する。コンラッドはタイラーに首を言い伝えグレイソン家から出て行くように命令したが、デービッドを陥れた情報を掴んでいたタイラーに逆に脅される。

タイラーはノーランに情事のビデオをばらしたのはなぜかと迫る。その際に、ノーランのパソコンを持ち帰ったタイラーは、リディアがコンラッドに過去の罪をぶちまけると脅す映像を見つける。そしてグレイソン家がデービッドを陥れた全貌を知ることになる。 エミリーがダニエルに自分とタイラーの関係を教えた事に激怒したノーランは、これ以上エミリーの協力はしないと彼女に告げる。これに時を同じくして、ダニエルに本気で恋をした事に気付いたサトシは、エミリーの手助けはこれ以上出来ないと言い、エミリーのもとを離れる。

ダニエルの電話を偶然聞いていたビクトリアは、アマンダがハンプトンに戻ってきた事を知り、激しく動揺する。

%感想

タイラーに加え、アマンダの出現で最大の危機に直面するエミリー。過去に復讐の手ほどきを受けるサトシ・タケダが登場する。サトシに扮する真田広之の演技は一見の価値があります。演技の渋さに加え、意外と英語が上手でアメリカドラマに登場するにあたり違和感はありません。サトシのアドバイスを受け、復讐に対し非情さを見せるエミリーは怖さも感じます。その一方で、エミリーのダニエルに対しての気持ちが次第に本気になる場面が見え隠れし、今後の展開が非常に楽しみです。

%リベンジ / Revengeを観る

合わせて読みたい記事