ネタバレ 2015/03/05

【リベンジ / Revengeシーズン1第3~4話】のあらすじ【ネタバレ注意】

revenge

%リベンジ / Revengeを観る

%第三話 密告

グレイソン家の長男ダニエルと親密になっていくエミリー。それを快く思わないダニエルの母ビクトリア。エミリーの過去を探るためビクトリアはエミリーを自宅に招く。そこでエミリーが出会うのは、上院議員のトム・キングズリー。トムは上院議員になる以前、連邦検査官としてエミリーの父デイビッドを有罪に導いた人物であった。

政界進出の野心があったトムは、世間が注目するデイビッドの裁判で無実と知りながら大衆の支持を得るため、デイビッドの有罪を強く推し進めた。トムがデイビッドの無実を知ったのは、当時デイビッドと不倫関係にあったビクトリアからの告白であったが、それを無視しデイビッドの有罪を確定させてしまう。その後、トムはグレイソン家の後押しを受けて、有力な政治家の階段を駆け上る。

グレイソン家で出会う以前からエミリーはトムに接触していた。トムの愛人の存在を嗅ぎつけたエミリーは、愛人のアパート一棟を買い上げて彼女の部屋に隠しカメラを設置する。この隠しカメラに映るトムと愛人。更に中絶反対を唱えるトムが愛人を妊娠させて、中絶を依頼していることもエミリーの知るところとなる。

グレイソン家で夕食を楽しむトムへのもとに、愛人宅を訪問するビルの姿を映すビデオが送られてくる。トムはグレイソン家の警備担当の協力を得て、このビデオが送り主を探し出そうとするが、上手くいかずに時間だけが経過する。

数日後、コンラッド家で行う政治資金集めのパーティーでトムが演説をしようとした瞬間、お腹の大きなトムの愛人が真っ赤なドレスに身を包み現れる。動揺しながらもアイパッドの演説原稿を読み上げようとした瞬間、そこに映ったものは愛人との情事のビデオであった。これを見たトムは政界引退をその場で発表し、エミリーは復讐を果たす。

これと並行してダニエルに自分の過去を曝け出させて、関係を深めて行くエミリー。その一方で幼馴染みのジャック・ポーターとは彼の父の死を契機に話をする機会が増えていく。ジャックの弟デクランはグレイソン家の娘シャーロットに必死にアプローチする。

%第四話・告白

父デービッドが無実の罪を着せられ、エミリーは父と離ればなれにさせられた。保護されたエミリーは、裁判所の命令で精神カウンセリングを受けることになる。その精神科医ミシェル・バンクスが今回のエミリーの標的となる。

エミリーの精神カウンセリングを行っていたミシェルの前にビクトリアが現れる。ビクトリアはエミリーが施設に行き、デービッドと二度と会えなくなるように精神鑑定に手を加えるようにミシェルに依頼をする。その見返りとして開業資金を提供すると約束されたミシェルはビクトリアの依頼を受け入れた。その結果、デービッドとの再会を切望していたエミリーはその願いも叶わず、その後、18歳の誕生日まで施設の独房で暮らすことになる。

ビクトリアはミシェルとの約束を守りミシェルはハンプトンで開業し、上流階級夫人達のご用達カウンセラーとなる。順調にハンプトンの社会でその地位を築いて行くミシェル。しかしミシェルは患者達に内緒で診療室に隠しカメラを設置し、カウンセリング内容を録画していた。エミリーはミシェルの患者として1年間、カウンセリングを受けて、隠しカメラの存在に気付く。

ある日、グレイソン家で行われたチャリティーパーティーでミシェルはスピーチを行う。その際に流れた映像は、隠しカメラに録画されたカウンセリング内容で、何人かの秘密が公になってしまう。その中にビクトリアのカウンセリング内容も含まれており、娘シャーロットとの関係に悩むビクトリアは、シャーロットを産んだのは間違いであったと発言した映像が流れてしまう。これに激怒したビクトリアはミシェルに、人生をぶち壊してやると叫び散らした。

このパーティー後、ミシェルは何者かに誘拐されてしまう。そしてグレイソン家が所有する倉庫で発見される。当然、誘拐犯としてビクトリアは疑われる事になるが、グレイソン家の警備担当フランクが警察の追求を上手くかわした。 隠しカメラの映像を流したのも、ミシェルを誘拐したのもエイミーの仕業であり、今回もエミリーの復讐は成功する。

%感想

父・デービッドを裏切り、無実の罪を着させた人間達に次々と復讐を果たすエミリーは非常にクレバーな作戦を展開します。復讐のターゲットに直接牙を向けるのではなく、最大の敵であるグレイソン家を巻きこみ、彼らにも打撃を与える点は非常に練れたものです。エミリー自身が唯一の肉親である父デービッドと離れ離れにされたように、グレイソン家の家族のきずなにもヒビが入るように仕向ける展開は、今後も目が離せません。ビクトリアのエミリーに対する疑念を上手くかわす心理戦も非常に楽しめました。

%リベンジ / Revengeを観る

合わせて読みたい記事