作品紹介 SF 2015/03/04

ゲーム・オブ・スローンズ の詳細

gameofthrones
監督 デヴィット・ベニオフ  D・B・ワイス  ジョージ・R・R・マーティン 
俳優 メイジー・ウィリアムズ  ローズ・レスリー  コンリース・ヒル  ハリー・ロイド  ショーン・ビーン  ジェイソン・モモア  ミシェル・フェアリー  レナ・ヘディ  ジョン・ブラッドリー  ソフィー・ターナー  ロリー・マッキャン  シベル・ケキリ  ニコライ・コスター=ワルドー  アルフィー・アレン  ジャック・グリーソン  イアン・グレン  キット・ハリントン  チャールズ・ダンス  スティーヴン・ディレイン  リアム・カニンガム  ウーナ・チャップリン  ピーター・ディンクレイジ  エミリア・クラーク  イアン・マッケルヒニー  エイダン・ギレン  グェンドリン・クリスティー  アイザック・ヘンプステッド=ライト  ジェローム・フリン  ナタリー・ドーマー  カリス・ファン・ハウテン  イワン・リオン  マイケル・マケルハットン  マーク・アディ  リチャード・マッデン 

%ゲーム・オブ・スローンズを観る

%登場人物

  • %シーズン1あらすじ78

    舞台は300年前。七つの国が統一されひとつとなった七王国の大陸ウェスタロス。 バラシオン家のロバートが反乱によって王の座についた。 しかし、覇権を巡る政治的陰謀はいまだ七つの王家の間で繰り広げられていた。 その渦中、王の手と呼ばれる王の側近のアリンが急死する。 暗殺だったとの情報を得て危機を感じた王は、盟友のスターク家エダート・スタークを後任に任命するため北の地ウィンターフェルへと向かう。 季節が不規則でゆるやかに巡るウェスタロスだが、北の地にはついに十数年ぶりの冬が訪れが始まっていた。 また、国を守るためにそびえ立つ氷の壁の北側に謎の異形集団ホワイト・ウォーカーが数千年ぶりに現れ、残忍な殺しを行うなど不穏な動きをみせていた。 ロバート王を失脚させるために渦巻く様々な陰謀や罠、裏切り。 王座を巡る王たちの争いの攻防は激しさを増していき、やがてウェスタロス全土へと広がる戦争へと発展していくのだった。
  • %シーズン2あらすじ78

    ロバート王の跡継ぎジョフリー・バランシオンは、身勝手で残忍な行いばかりであった。 父タイウィン・ラニスターから”王の手”を任されたティリオンは、ジョフリー王に代わり戦いの軍を率いることになる。 殺されたエダートの復讐を果たすため北の国王となったロブ・スターク、タイレル家と手を組んだロバートの末弟レンリー・バランシオン、レンリーの兄で戦いに長けたスタニス・バランシオンは司祭メリサンドルと共に、そして強力な海軍を持つベイロン・グレイショイも王を宣言し参戦。 これが後に”五王の戦い”と呼ばれることとなる。 その頃、三羽のドラゴンの母であり亡命中の王妃デナーリス・ターガリエンは、信奉者とドラゴンと連れて旅に出ていた。 そして、”壁”の向こうではジョン・スノウらがホワイト・ウォーカーから七王国を守るべく態勢を整えていた。 それぞれの長く続く戦いが、始まったのであった。
  • %シーズン3あらすじ78

    王座を巡る争いは依然続いていた。 ブラック・ウォーターの戦いは、ラニスター家がタイウィン・ラニスターの援軍を得て勝利した。 ティリオン・ラニスターは重傷を負いながらも”王の手”となりジョフリー王の裏で政権を握るが、父タイウィンが帰還したためその座を失うことに。 北の王ロブ・スタークは、このラニスター家の打倒を図っていたが自らの過ちによりフレイ家を敵にまわし、不利な状況となり悲惨な運命へと堕ちていくのだった。 王都では、なお陰謀と謀略は治まることなくジョフリー王に危機が迫りつつあった。 鉄の王座を取り戻すべく動きはじめたデナーリス・ターガリエン。 ”壁”の向こうではジョン・スノウが野人に囚われ、南へ進軍する巨大な野人軍団の王マンス・レイダーのもとへと向かっていた。 ホワイト・ウォーカーの攻撃も始まり、偵察のナイツ・ウォッチは壊滅状態に。 北から次々と迫り来る脅威によって七王国は混乱の渦にのまれていく。
  • %シーズン4あらすじ78

    ブラック・ウォーターの戦いで王家を守ったラニスター家は、反旗を翻していたロブ・スタークの殺害を企てた。 フレイ家と軍の半分を失い追い詰められたスターク家は、ロブとキャトリンでフレイ家との復縁目当てに婚姻を決めるが、王の手タイウィン・ラニスターの策略により裏切られ、叔父の結婚式の最中に殺されてしまう。 財力を持つタイレル家を味方につけるために子供たちを次々と政略結婚させるなど、思惑通りに事を運ぶタイウィン。 しかしジョフリー王とマージェリーの結婚式で暗殺されてしまう。 長女サーセイは、弟ティリオンが手を下したと決め付け投獄。 ラニスター家は内部分裂の危機を迎えてしまう。 一方、ジョン・スノウはナイツ・ウオッチと共に、七王国に対する本当の脅威を食い止めるため、激しい攻防を日夜繰り広げていたのだった。

合わせて読みたい記事