ネタバレ 2015/03/04

【グリー/gleeシーズン2第9~10話】のあらすじ【ネタバレ注意】

glee2

%グリー/gleeを観る

%第9話『運命の地区大会』

ウィルは地区大会の引率にエマを誘った際、いつも同じメンバーが目立っていてマンネリ化しているので、控え目に輝く生徒にも焦点をあててみてはどうかとアドバイスを受ける。

さっそくブリトニーとマイクのダンス、クインとサムのデュエットの2本の柱で行くことに決めたウィルだが、レイチェルは拗ねてしまう。 不機嫌なレイチェルはサンタナと言い合ううち、フィンが別れていた間にサンタナと寝ていたことを知る。 ショックを受けたレイチェルは腹いせにパックと浮気未遂。正直にフィンに話すが交際中のキスは罪が重いと反対に振られる結果になってしまった。

ダルトン高へ転校したカートはウォブラーズに入部する。選曲について意見を出すが、上級生の役員が曲を決めるのが決まりだと言われてしまう。 戸惑うカートにブレインはソロパートのオーディションへの参加を勧めるが、結果は不合格。 個性を活かすニューディレクションズとはちがい、ウォブラーズでは「みんなと同じであること」が求められるのだ。

カートが抜けて11人になってしまったニューディレクションズ。パックがアメフト部で勧誘をするも全員から反発され仮設トイレに丸1日監禁されてしまう。 助け出してくれた大柄な少女ローレンをチョコレートと引き換えに誘い、gleeに入部させることに成功した。

様々な生徒にスポットライトをあてるという新体制はうまくまわらず、チームはボロボロ。 あらゆるところで一触即発の問題を抱えたまま地区大会の会場へ行くことになってしまう。 控室ではとうとうケンカが勃発し、重い空気のまま舞台へあがることに・・・。

客席のうしろから登場するのはクインとサムの2人。マイクとブリトニーのダンスにも歓声があがり、主役が変わっても会場は大盛り上がりだった。 大会の結果はウォブラーズと引き分け。両校が州大会へ進むこととなる。

笑顔でトロフィーを持帰りエマに見せに行くウィルだが、待っていたのはエマの結婚報告だった・・・。

%第10話『メリー・グリー・クリスマス』

練習室で拾ってきたツリーを使ってクリスマスの飾り付けをするメンバー。それを見たウィルは教室を回って歌い、恵まれない子どもたちのための募金を集めようと言いだした。 反対する生徒に自信を持って笑顔で推し進めたウィルだが、教室では生徒から暴言を吐かれ、教師からも靴を投げつけられる事態に。

パックとの浮気が原因でフィンに振られてしまったレイチェルは、復縁を狙ってあれこれと策を練る。 しかしフィンの決意は固く、冷たい表情で跳ねのけられてしまう。

教師同士のシークレット・サンタ(くじ引きで相手を決め、プレゼントを用意する)で贈り物が全て自分の元に届くように仕組んだスー。 それを知ったウィルとビーストはプレゼントをすべて回収し、施設の子どもたちへ贈ることにした。 スーは仕返しに練習室に忍び込んでクリスマスのデコレーションやプレゼントを全て破壊してしまう。

サンタクロースをいまだ信じているブリトニー。メンバーたちは夢を壊さないようにショッピング・モールにいるサンタクロースに合わせに行く。 しかしそこでブリトニーが伝えた願いは「アーティを歩けるようにしてほしい」だった。 困ったメンバーはビーストにお願いして、サンタクロースの格好をしてブリトニーの家に入り本人に夢はかなえられないと伝えてもらうことにする。 ブリトニーのひどい落胆ぶりを見たビーストは高価なイスラエル製の歩行アシスト器具を買って、こっそり贈る。

子どもたちへの贈り物を壊されてしまったglee部のメンバーは職員休憩室で歌を披露し募金をつのる。

テリと離婚しエマにも振られてしまったウィルは、独り寂しく家に帰るが、暖炉には火が灯り、部屋には大きなクリスマスツリーが飾られていた。 ウィルの目の前に現れたのは、なんとスー。休憩室でのgleeの歌を聴いたスーは自分の行いを反省したという。 いぶかしむウィルだったが、ぞくぞくとgleeの生徒たちが登場し一気に賑やかに。

ウィルとスーは珍しく和やかな雰囲気の中、クリスマスを祝福しあった。

%感想

サムとクインのカップルは、本当に爽やか!レイチェルが「バービーとケン」と例えていたのは見事です。 2人とも声の迫力ではフィンチェルに劣るものの、柔らかく美しい歌声はまた違った魅力ですね。 9話の見どころはやっぱりマイクとブリトニーの本気のダンス。高校生役だってことを忘れてるんじゃないか?というほどの高難度なパフォーマンスでした。

10話ではフィンチェルに別れが訪れてしまいました。フィンの冷たい顔は見ているこちらまで胸が痛くなるほどです。 パックは本当に罪深い男ですねぇ。2度フィンを裏切る前に思いとどまったようですが、今度はローレンに恋をしている気配。 スーはまたもや心の柔らかい部分を見せてくれました。なんだかんだ言っても、いつもgleeの歌を聴く彼女の目は、少し赤くなっているんですよね。

%グリー/gleeを観る

合わせて読みたい記事