ネタバレ 2015/02/23

【プリティ・リトル・ライアーズシーズン1第3〜4話】のあらすじ【ネタバレ注意】

pretty_img_690_960_1

%プリティ・リトル・ライアーズを観る

%第3話 罪なき女子高生の死(To Killa Mocking Girl)

「皆でアリソンの死を乗り越えなさい」とエミリーの母からの提案で 思い出の小屋に向かうアリア、スペンサー、ハンナ、エミリーは、 誰も居ないはずの森で誰かの足音を聞く。 その瞬間、「狩りの季節よ ウソつきには気をつけて」と「A」からのメールが来る。

トビーがジェンナと一緒に学校の廊下を歩いている所を見た4人。 彼は留年してまで、同じ高校に戻ってきていたのだ。 「A」からのメールの頻度は多くなり、 メールの実行犯はトビーではないか疑う。

マヤにトビーはどんな人か尋ねられたエミリー。 ガレージの中に義理の妹がいたのに火をつけて更生施設に送られた人だと言った。 父、母とカフェに居たアリア。 母が席を外した所、父の浮気相手だった女性のメレディスが現れ、 母の展覧会のセレモニーにも現れたメレディスに帰るよう催促するが「子供は黙ってて」と言われる。

スペンサーの姉・メリッサは、結婚式や食事会のキャンセルに追われていた。 スペンサーは、姉妹は泥沼化しているから、助けてほしいとレンに会いに行ったが、 婚約相手を間違えたと告白され、戸惑う。 女子更衣室に侵入してきたエミリーの彼氏・ベン。 体を求められ、必死に抵抗していた所、突然、トビーが現れ助けてくれる。 「心変わりの原因がこいつか」と勘違いするベンに対し、別れを告げる。

学校の友人・ノエルの家でのパーティが行われる事になった。 彼と何ヶ月も付き合っているのに、一度も寝ないで恋人と言えるか、捨てられるよとモナに言われた事が 気がかりになっていたハンナ。 パーティでショーンといい雰囲気になるが、「やめよう、必死だ」と言われ、 傷つくハンナは泣きながらショーンの車を運転し衝突。そのまま車を放置してしまう。 写真ブースでは、マヤとキスをしてプリクラを撮ったエミリー。 出てきた写真を何者かに持っていかれてしまう。

再び、4人で思い出の小屋に向かった。 私たち4人にメールの送り主は1人 秘密を分かち合えば問題に対処できる アリソンを殺した犯人を見つける事を誓い合った。 その時、また足音が聞こえる。 その先へ走ると、そこにはアリソンのブレスレットが落ちていた。

%第4話 私の声が聞こえる?(Can You Hear Me Now?)

スペンサーの提案で、相手不明のメールやチャットを受信拒否する事にした アリア、ハンナ、エミリー。 これでAからメールが届かない事を安心したが、 4人の元に「ピンポーン、ビッチは死んだわ」と書かれた紙が飛んでくる。

ハンナに突然かかってきた電話は 離婚後、暫く会っていなかった父・トムからだった。 2晩も一緒に過ごす事ができ、舞い上がるハンナだったが、 2日目、婚約者とその娘を紹介され、 ショーンの車の修理代を立替える代わりにショーンの母の歯科医で働いて返す事になる。

スペンサーは姉・メリッサの論文をそのままコピーしてレポートとして提出したが、 先生から褒められ、歴史論文の全国大会の金蘭賞に提出されてしまう。 エミリーが教室に行くと、実験のクラスにトビーも参加する事になり、 実験のパートナーになってしまう。 教科書を開くと、マヤとのキスしたプリクラが挟まっていて動転する。 浮気現場を目撃した後、アリソンから父親が他の女性とキスしていたのだから母に言うべきだと アドバイスされていた事を思い出すアリアは母に伝えるべきか悩んでいた。

エズラに自宅ディナーに誘われたアリア。 エズラから「お父さんの浮気は君が正すべき問題ではない、対処するのは本人同士、オトナとして」と言われた事に 腹が立ったアリアは「私はお子様だから干渉するなと?」と口論になる。 翌日の英文学の授業では、アリアの発言を否定した他の生徒にエズラが厳しい態度で批判する。

授業での態度の事を言いに行く為、エズラの家に再び行くと、エズラは素直に謝罪。 母に一度は伝えるのをためらったが、「言わなかったら2人とも失う」とアリソンからの助言通り、 伝えようと決心し、家に帰宅するが、母には既にAから手紙が届く事で知ってしまう。

酔って突然家に押し掛けてきたレン。 スペンサーと一緒に部屋に居る場面を何者かがビデオ撮影していた。 スペンサーは車で来たレンをホテルまで送り、ハンナに迎えに来てもらうが、 車から流れるラジオのリクエスト曲はハンナ宛にAから送るものだった。 エミリーは自分の気持に迷っていた。マヤに1人で考えたいと言うと、 「あなたを想っているから待つわ」と告白される。

スペンサーとハンナが家に帰った所、家の中に誰かが侵入した形跡を発見する。 真っ先にアリソンのブレスレットを探しに行くが、ブレスレットはあったものの、 アリソンの口紅のカラーで鏡にAからのメッセージが書いてあった。

%感想

ドラマ内では、過去の記憶がフラッシュバックしたシーンが度々流れますが、 エミリーがマヤに言っていた「ガレージの中に義理の妹がいたのに火をつけた」 のは、ガレージに火をつけたのは悪臭弾を放り込んだアリソンで、 アリソンがトビーに何か忠告しているシーンがありました。

その後、トビーはパトカーに乗ったので、そのまま更生施設行きになったのでしょうか。 もし、トビーが事実を知っているならば、罪を擦り付けられた仲良し5人組を恨んでいる可能性もあります。

初回放送から、段々Aからの連絡が頻繁になり、第4話では、通信を遮断したにも 関わらず、手紙や盗撮、ラジオの電波まで使ったり、スペンサー宅に忍び込んだりと、 手口が悪質になっています。 相当、ライアーズを憎んでいるのか、かなりの権力者で手下を雇っていたり・・?。 犯人はわからないものの、常に監視されている感じがあるので、Aは複数犯いるのかも?

%プリティ・リトル・ライアーズを観る

合わせて読みたい記事