ネタバレ 2015/02/23

【アンダー・ザ・ドーム シーズン1第9~10話】のあらすじ【ネタバレ注意】

o065009161112348_650

%アンダー・ザ・ドームを観る

%第9話 『第4の手』

「プラネタリウムが星を映すように、卵がドームを投影しているのかも」。ジュリアと一緒にミニドームを見に行くバービー。しかし卵の姿は無く半円球の穴があるだけだった。それを聞いたジョーとノリーは犬を連れて探しに行く。

アンジーはダイナーに来たJrに動揺し倒れて発作を起こすと「ピンクの星が…」とうわ言を。Jrは亡くなった母親のアトリエに彼女を連れて行き、母が描いた絵を見せる。夜空を見上げる息子Jrの上にピンクの星が降りしきる絵…「僕も母も狂っていない。母には見えない何かが見えていた。君も僕らと繋がっているんだ」。混乱し怯えるアンジー。

町では発砲事件が起こりバービーとリンダが現場へ向かう。ドラッグ常用者のラリーが家に押し入りテッドが威嚇射撃をしたのだ。ドラッグを売っていたのは牧師だと知り、斎場を調査するバービー達。棺の中から大量のドラッグと『液体プロパン』と書かれた処方箋が見つかる。さらにプロパン備蓄倉庫を調査に行ったリンダは、亡き署長と謎の女性が金銭のやり取りをしている監視カメラの映像を発見し愕然とする。

発砲事件を機にジムは「互いの安全の為に銃を提供しよう」と住民達に呼びかけ、大半の住民がそれに応じた。「回収は大成功ね」住民達が帰り一息つくジムに謎の女性マックスが声をかける。驚いて二人を見るバービーに「あなたとも知り合いよね」とキスするマックス。「そうか…銃回収は彼女の命令だな。まず反対勢力の武装解除、次に闇市場を開き、酒とドラッグとギャンブルで人々を支配…という算段か」やっと事情が飲み込めたバービー。「二人とも私に秘密を握られてるの。でも私達は仲間、協力しましょ」と微笑むマックス。苦々しげに顔を見合わせるバービーとジム。

一方、ジョーとノリーは自宅の納屋でミニドームと卵を発見。「運んだのはジョーよ。夕べ深夜にゾンビみたいに出かけたもの」とアンジー。三人が手を当てると光りだしたミニドーム。「ミニドームが錠で、手が鍵みたい」…その言葉に呼応するように、ミニドームの表面に一つの手型が青白く浮かび上がった。まるで「4つ目の手が必要」と示すように――。

%第10話 『告白』

朝日が差し込む納屋の中、ミニドームにはモナーク蝶の幼虫が一匹。目覚めたジョー達は“4番目の手”を探しに行くことに。

「息子をドラッグで失った怒りから、町にドラッグを入れない事を条件にマキシンという悪魔に魂を売った。彼女の要求でプロパンを購入、牧師がドラッグ精製、隠れ蓑にはジム」…リンダとジュリアが貸金庫で見つけた署長の遺書には一連の悪事の全貌の告白が…。そしてジュリアの夫の貸金庫には、妻が受取人の生命保険証書が…。全てを知り茫然とする二人。

互いにマックスとの関係を探り合うバービーとジム。一時停戦して彼女の切り札を探す事にした二人は、彼女が湖に浮かぶバード島に所有する家を突き止める。そこへ現れたマックスは、バービーをセメント工場に連れて行く。工場では賭け事の為ファイトクラブが催され、勝たないと秘密をバラすと脅されるバービー。彼がわざと負けることも読んで一人勝ちしたマックス。バービーはマックスと決別し、ジュリアに秘密を打ち明ける決心をする。

一方、一人でバート島の豪邸を訪れたジムは、家政婦アガサに「家主はドームの外にいる」と聞く。だが飾られた写真を見たジムに「私の娘マキシンよ」と背後から銃を突き付けるアガサ。写真には若い頃のマックスとアガサ…マックスとマキシンが同一人物だと知るジム。16歳で妊娠し町で除け者にされ売春で娘を育てたアガサは、町への恨みから娘に悪事を炊きつけていた。「笑顔の裏に鋭い牙を持つこの町の本当の姿を忘れない!」だが隙をついて銃を奪ったジムは彼女を縛りボートに乗せた。抵抗したアガサは湖に落下…しかし秘密を知る彼女を見殺しにするジム。そしてジムの自宅では自首を促す為、リンダが待っていた。

昔Jrも発作を起こした事を知り“4番目の手”はJrだと気づいたアンジーは、ジョーとノリーにJrの母親の絵を見せ、帰って来たJrを納屋へ連れて行く。ミニドームに触れたJrの手はピッタリと手型にあう。…と突然、卵が輝き始め、ふいに照明が消えた。そして暗い屋中には数えきれない程のピンクの星々が散らばり、流れるように浮遊しながら4人を包み込む――。

%感想

ドームの秘密よりも、全貌を知ったリンダにジムがどう対応するのかドキドキしちゃいました。リンダを演じるナタリー・マルティネスは、ハスキーボイスがチャーミング!声フェチには字幕版をオススメ。悪女マックス演じるのは、テレビで引張り凧のナタリー・ジー。『フォロイング』ではFBI捜査官と殺人鬼の夫の間で翻弄されるクレアを演じていましたが、本作では一転して悪の巣窟を牛耳る悪魔として登場。幅の広い女優さんですね。またジュリア役は映画『トワイライト』シリーズでブレイクしたレイチェル・レフィブレ。マックスとジュリアの“女の戦い”も勃発しそうで次回が楽しみ!

%アンダー・ザ・ドームを観る

合わせて読みたい記事