ネタバレ 2015/02/20

【アメリカン・ホラー・ストーリー シーズン1第3~4話】のあらすじ【ネタバレ注意】

mainVisual

%アメリカン・ホラー・ストーリーを観る

%第3話「殺人ツアーの家」

 1983年、館では若いメイドのモイラが働いていた。そこへ雇用主の男がやってきてベッドに彼女を押し倒す。かつて関係を持ってしまったがそのことをモイラは悔いていた。ベッドの上でもつれあう二人のもとへ銃を持った妻コンスタンスがやって来て、モイラと夫を銃殺する。

 現在、ベンは診療室で黒人女性患者の話を聞いていた。話し続ける女性を前にベンは意識が朦朧としてくる。気が付くと一人庭に立っており、手には血がついている。また、ある時は庭で寝ころんでいたり、一心不乱に庭を掘り返したりとおかしな行動をするようになる。

 ある日ヴィヴィアンはロサンゼルスの事件スポットを巡るホラーツアーで館が紹介されていることを知る。館は1922年に、ある医者が妻ノーラの為に建てたもので、二人には赤ん坊がいた。薬物依存症になった博士は人造人間に憧れを抱き、奇妙な実験を繰り返していた。おまけに館内で違法な堕胎手術をしてお金を稼いでいたという。館の事を知るためにツアーに参加していたヴィヴィアンはガイドによる館の説明を聞いている最中に下腹部から出血してしまう。母子ともに問題はないと医者に言われるが今度はベンが倒れてしまい、検査をすると血中から今では使われていないはずの麻酔薬が検出される。

 館にベンが一人でいるとかつての浮気相手ヘイデンがやってくる。彼女は堕胎はやめてこの近くに引っ越すことにした、奥さんに話をすると騒ぐ。ベンは焦りながら場所を変えて話し合おうと彼女と共に玄関ドアの外に出る。すると突然現れたケロイド男が彼女をスコップで殴りつけ、殺してしまう。狼狽するベンをよそに、ケロイド男は1000ドルを要求し、ベンが掘った庭の大穴にヘイデンを埋めることを提案する。勝手に穴の中に入ったケロイド男は穴の底でメイド服の朽ちた遺体を見つける。モイラはこの呪われた館で死んだために成仏することも出来ず、霊となって土地に縛られどこへも行けなくなっていたのだ。

 全てが終わった後、ベンは庭に東屋を立てた。ヘイデンとケロイド男の事は警察に連絡していない。ヴィヴィアンは何も知らずに夫に微笑みかける。

%第4話「恐怖のハロウィン 前編」

 2010年、館ではハロウィンを目前に控えゲイのチャドは飾りつけの準備をしていた。少しでも館を魅力的に見せて売り払うためだ。赤ん坊を引き取り伴侶のパトリックと暮らすために購入したが、パトリックの浮気により関係は冷え切ってしまっていた。ひとり準備を進めるチャドの前にラバースーツの男が現れ、あっけなく殺されてしまう。帰宅したパトリックの前にも男は現れる。

 2011年、ベン夫婦と不動産屋はどうしたらこの館が売れるか相談をしていた。装飾業者を呼んで館を飾りつけ、ハロウィンで訪れた人たちに魅力的な家だとアピールする事になった。

 侵入事件に不安を感じていたヴィヴィアンは警備会社と契約をする。担当の黒人警備員は親切な男性で好感を持つ。そんな折、装飾業者と自称するチャドとパトリックがやってくる。作業中、ベンが席を外した時にチャドはヴィヴィアンに携帯電話の請求書を調べるように勧める。伴侶の浮気をその方法で見つけたというのだ。

 ヴァイオレットとテイトは地下室デートを繰り返していた。テイトはかつてこの館を建てた夫婦の赤ん坊が誘拐され殺されたと怪談話をする。医者である父親は薬物依存状態で、赤ん坊を生き返らせようと遺体をいじり、怪物を生み出したのだという。ヴァイオレット呆れながらも、ハロウィンの夜に外でデートする約束をした。

 ハロウィン当日の夜、請求書を調べたヴィヴィアンはヘイデンから何度も電話がかかってきている事をベンに詰め寄る。ベンはもう終わったことだと言うが、その瞬間ヘイデンからの着信があり妻は不審感を募らせる。そこへチャドがハロウィン衣装に文句を付けたところから口論になり、切れたヴィヴィアンはチャド達を追い出し、ベンにも出て行くように怒鳴る。するとまだ妊娠8週目だというのにお腹の中から蹴られ腹痛が起き、慌てて夫婦は病院へ行く。念のため超音波検査を受けるとモニター画面を見ていた女医が失神してしまう。

 アディは館を訪ねるがヴァイオレットは気が付かない。そこへ来た女子グループを追いかけようとアディは道路へ飛び出し、ひき逃げされる。騒ぎを聞きつけたコンスタンスは半狂乱になりながら館へ引きずるが間に合わずアディは息を引き取る。

 また、ケロイド男も館にやって来ていた。玄関前で騒ぐ男に気付き、ヴァイオレットは両親に電話をする。二人は急いで帰宅するも娘の姿はなかった。

%感想

 モイラはコンスタンスに殺されていたんですね。復讐はしないのか、出来なかったのか、過ちは犯してしまったものの死んでも嫌味を聞かされ続けるなんて不憫です。ケロイド男の目的がよくわからないですが、ベンから金を巻き上げたいだけなのでしょうか。ベンはもう本当にどうしようもない男です。というより、この館に住んでた夫たちはみんなロクデナシですね。アディは良いキャラしていたのに残念です。ヴィヴィアンのお腹にいる赤ん坊もなんだか一筋縄ではいかない様子で気になります。

%アメリカン・ホラー・ストーリーを観る

合わせて読みたい記事