ネタバレ 2015/02/17

【アロー/ARROW シーズン1第7~8話】のあらすじ【ネタバレ注意】

Arrow-thumb

%アロー/ARROWを観る

%第7話 復習の女神

オリバーは母モイラとのランチの約束のため、会社に向かう。モイラは男と会社の前で話していたが、突然バイクが現れて一緒にいた男が狙撃される。オリバーは怪我をした母親を置いて犯人を追うが、その行動が非難を受けることに。家族の誰もオリバーを信用できなくなってしまう。

撃たれた男はバーティネリというマフィアの一員だったことが判る。マフィアのボス フランク バーティネリは表の仕事の建築会社を利用してクイーン産業に近づこうとしていた。これを逆に利用してオリバーはバーティネリの屋敷を訪ねる。

屋敷でオリバーはフランクの娘のヘレナに会う。フランクと部下のニックは急用で出かけ、オリバーとヘレナはその夜食事することになった。

フランクは一連の暗殺は中国の秘密組織の仕業だと思い、彼らに暗殺をやめなければ全面戦争になると脅す。

食事の最中にディグルからの電話でレストランを去るオリバー。ニックらが”用心棒代”を取るため市民を恐喝している。現場にオリバー扮するアローと暗殺者、ハントレスが現れニックの邪魔をする。アローはハントレスと戦うことになり騒動に紛れニックは逃げてしまう。アローはハントレスのヘルメットを取り、正体はヘレナだと知る。ヘレナは逃走する。

オリバーはヘレナを追い元婚約者マイケルの墓に行く。彼はFBIに情報提供していると疑われ、フランクに殺されてしまった。(情報提供者はヘレナだった。)それ以来、父親への復讐のためだけに生きるヘレナはハントレスとなり組織の者たちを次々に殺害する。

ニックは暗殺者の正体を突き止め、ヘレナとオリバーを誘拐する。2人は反撃、ヘレナはニックを容赦なく殺し、こうするしかなかったのだと言う。

オリバーは遂に心を許せる女性に出会えた。オリバーはヘレナの部屋に忍び込み、正体を明かす。2人はキスをする。

トミーはローレルとデートに出かけ、全ては順調に進む。しかし浪費家のトミーは父親からの送金を凍結され無一文になってしまう。

%第8話 歪んだ心

オリバーとヘレナの距離は一気に縮まり2人は一夜を共にする。彼女にとって復讐と正義は同じことで、やっていることはオリバーと同じだと言う。ヘレナの歪んだ正義感を正そうとオリバーは彼女をサラの墓に連れて行き、絶対にヘレナを傷つけるようなことはしないと約束する。心を動かされたヘレナはオリバーと共に、誰も傷つけることなく悪者に罪を償わせることに同意する。彼女を仲間にしようとボウガンの使い方を教えるオリバー。ディグルは2人の関係に反対するがオリバーは聞く耳を持たない。

トミーとローレルのデートのレストランに偶然現れるオリバーとヘレナ。何も知らないヘレナが2人をテーブルに誘い、奇妙なダブルデートが始まる。オリバーのローレルへの深い愛に気づいたヘレナは、オリバーと深い関係になれば再び心に傷を負うことを悟る。

無一文のトミーを助けようとローレルはオリバーに助けを求める。プライドを傷つけられ拒否したトミーだが、オリバーは隠れ家の上にオープンしたクラブのマネージャーのポジションを紹介する。結局トミーはオリバーの申し出を受け入れる。

ヘレナの心は閉ざされ、彼女はまた以前の復讐に燃えるハントレスになってしまう。彼女は中国の秘密組織のリーダーを殺害し、バーティネリとの抗争を煽り、スターリング シティから姿を消してしまう。

第7話でモイラの怪我を心配して帰ってきたウォルター。2人の関係は修復されたかに見えた。しかしウォルターがフェリシティに密かに調べさせたモイラの周辺には、ある秘密組織が浮かび上がる。その組織のシンボルはオリバーの父親が息子に残した手帳に描かれたものと同じだった。ウォルターは屋敷の中の古い時計に同じマークが付いていることを発見する。時計には仕掛けがあり、中には手帳が隠されていた。その手帳にはモイラが出資する”ベンチャー企業”に関係する者たちの名前が書かれてあり、オリバーの父親のリストと同じものだった。

%感想

スーパーヒーローのクロスオーバーが出ました‼︎ 第8話の終わり方から、ハントレスは後々のエピソードで再登場することでしょう。個人的はオリバーとローレルよりも、ヘレナとの方が似た者同士、あっているのでは?と思ってしまいました。 また、この辺りからディグルの存在感もぐっと出てきます。彼はアシスタントというよりも相談役で、しかも彼の言うことはいつも正しい。ディグルがアローになった方が街は良くなるのでは…と思った方も多いはず。 そして相変わらず真相の見えないモイラ。無条件で家族を愛する心は偽りではないことを願っています。

%アロー/ARROWを観る

合わせて読みたい記事