ネタバレ 2015/02/13

【ホームランド/HOMELANDシーズン2第3~4話】のあらすじ【ネタバレ注意】

71z1PGGeZgL._SL1102_

%ホームランド/HOMELANDを観る

%第3話 正しかったこと

ロイヤから自分のベストを作った洋品店の店主を逃がすように言われたブロディ。彼女はCIAが店主を捕まえようとする動きを察知したのだ。

突然の出来事に動揺する店主だったが、ブロディに言われるがまま車に乗り込む。ロイヤの指示した隠れ家に向かう二人だったが、途中で車がパンクしてしまう。工具がなく手こずるが、何とかタイヤの交換を試みるブロディ。

キャリーが朝までかかって作成した報告書をもとにして会議が開かれていたものの、キャリーは蚊帳の外に出されてしまう。あれだけ自分を必要とし、利用した目の前のデイビッドのキャリーに対する態度は、何も知らない一般人に向けたそれのようだった。

移動中のブロディは、立ち寄ったガソリンスタンドで店主を逃してしまい、森へ逃げた彼を追いかけ殺してしまう。出席するはずだった退役軍人の基金のための会合には出席できるような状態ではなかった。

もはや自分のことを必要としていないという事実を突きつけられたキャリーは自暴自棄になり、酒を呷り服薬自殺を試みるものの思いとどまる。

華やかな会合、共にいるはずのブロディ不在の中ジェシカはスピーチに立った。それは、とても感動的なものであった。マイクの車で自宅に戻ったジェシカに、ブロディはこれ以上嘘は聞きたくない、こんな結婚生活を維持することはできないと言われてしまう。

自殺を思いとどまった彼女の元を訪ねたソル。レバノンから帰国した彼を自宅に迎え入れたキャリーは、彼からあの映像を見せられる。彼女はついに真実を見たのだ。彼女はずっと正しかった。

%第4話 裏切り者のテロリスト

デイビッドの元を訪れたソル。その手にはブロディの映像が握られていた。これからどうすべきか話し合うふたりは、この事実をウォールデンには伏せたままブロディを泳がせて、更なる大物を捕まえるということで合意する。ソルは自分とデイビッド、そしてキャリーだけで進めることで一致しかけたところでデイビッドは一人の男を付かせるという彼の提案に渋々同意した。

会合に来られなかった理由を問われるものの答えに困窮し、こんな生活を続けられないとまたしてもジェシカに拒絶され、家を出て行くように言われてしまうブロディ。

キャリーはヴァージルとマックスに協力を依頼しブロディの監視を行うことになっていたが、キャリーの前に一人の男が現れる。ピーター・クイン。6年間CIA本部で勤務した後ベネズエラで麻薬カルテルの捜査をしていた彼は、デイビッドが送った男だった。自分をどん底まで陥れたブロディへの復讐に燃えているキャリー。

デイナに指摘された車の中の煙草の臭いを消すためカーショップにいたブロディを、早速監視するヴァージルとマックス。彼らからの連絡を受けて、キャリーはブロディとすれ違う。これこそピーターとキャリー、そしてソルが考えたアプローチだった。

ひとり自宅に居たジェシカの元に、ブロディと共に海兵隊に居たラウダーが押しかけブロディと話をさせろと言う。何度電話しても繋がらないブロディにしびれを切らした彼女が頼ったのは、やはりマイクだった。何も知らないはずのラウダーだったが、迎えにきたマイクに「ウォーカーとブロディは組んでいたんだ。海兵隊のときと同じく」と言うのだった。

いまいちピーターを信用しきれないキャリーはヴァージルにピーターの身辺調査を頼む。ブロディが今夜自宅に帰らずホテルに泊まることを事前に知っていたキャリーたちは、ホテルにもカメラを置くことにする。

酔いが覚めたラウダーと話をするマイク。彼もまた、ブロディの不可解な言動に疑いの気持ちを持っていたのだ。

ヴァージルはホテルにチェックインしたブロディの行動をキャリーに報告する。バーで酒を呷るブロディは一本の電話をかけた。相手はキャリーだった。今から会えないかという誘いに乗って、彼女は彼の待つバーに向かったのだった。

これ以上何もしないで戻れというピーターの制止を振り切り、ブロディの部屋に突入するキャリー。遂にブロディは捕えられたのだった。

%感想

まるでキャリーを使い捨てのように扱ったデイビッドも、ブロディの声明を見て考えを改めたこと、シーズン1全編を通してもキャリーがたどり着けなかった真実にやっと辿りつけたことにほっとした。ソルとキャリーのコンビでうまくやっていたところにピーターが入ってきたことで、どんなチームになっていくのかが見ものである。最後、やっとの思いでブロディを捕らえたにも関わらず、少しだけ垣間見えたキャリーの複雑な女心も、見ている方によく伝わってきた。

%ホームランド/HOMELANDを観る

合わせて読みたい記事