ネタバレ 2015/04/13

【グリー/gleeシーズン3第15~16話】のあらすじ【ネタバレ注意】

gree3

%グリー/gleeを観る

%第15話 『イケメンの兄』

フィンチェルの結婚式へ向かう途中の車で事故に遭ったクイン。学校には戻ったものの、車いす生活になってしまった。 クインは全国大会には立って踊れるように、リハビリを頑張ると宣言する。 事故に責任を感じて自分を責めるレイチェルにも優しく声を掛け、思い悩むのはやめたと前向きな姿勢を見せる。

ブレインの兄が学校を訪ねてくる。CMで超有名なクーパー・アンダーソンだと知ったカートは大興奮。 同じくファンだというスーもどこか浮かれ気味。早速gleeにクーパーを引き連れ、演技の指導をするように依頼する。 ノリノリで「俳優の道」を語るクーパーだが、ブレインにだけはダメ出しがキツイ。 実はブレインは小さなころからクーパーがことあるごとにダメ出ししてくることに、うんざりしていた。 それも弟の才能を見込んでゆえのものだと分かり、2人は抱き合って和解する。

エマとウィルを連れて妊婦健診に向かったスーは、お腹の子が希望通りの女の子だと知って大喜びする。 しかし医師の表情は硬い。羊水検査に異常が見つかり、生まれてくるこどもはダウン症だということも同時に分かったのだった。 gleeのメンバーの明るさを子どもにも伝えたいと話すスーは、すっかり母の顔をしていた。

クインは別のクラブで一緒のジョーをgleeに誘う。ジョーはドレッドヘアに聖書の一節のタトゥ、裸足と、自宅学習で育ってきた彼は独特な雰囲気を持つ転入生。 バレンタインでの活動でその歌の実力をすでに見せているジョーは、メンバーに歓迎される。

卒業後はロスでプール清掃業を拡大してやっていこうと考えているパック。親友のフィンを誘うがレイチェルとNYに行く予定だと断られる。 パックの誘いを断ったものの、NYに行って何をするかも決まっていないフィンは、いよいよ自分の将来を真剣に考え始める。 NYではなくハリウッドのあるカリフォルニアもいいかもしれないと提案するが、レイチェルはブロードウェイにしか興味がないと却下。 自分の意見はひとつも取り入れてもらえないと、フィンは怒ってしまう。

%第16話『サタデー・ナイト・グリーバー!』

「ビンテージ」がテーマの全国大会。ウィルは振付を考えないといけないが、進路の決まらない3人(フィン、メル、サンタナ)のことが気がかりで集中できない。 スーに相談したウィルは、練習室にダンスフロアを設置し、賞品をかけたダンス大会を開催する。ファイナリストという名目で3人を選びだし、ダンスを通して自分の夢を表現してほしいと話す。

ディーバとして人に感動を与えたいメルセデスだが、そのためにはまず何をすればいいのかが分からない。 サンタナはとにかく有名になりたいという野望は持っているものの、具体的に何をするかは見つからない。 「有名になりたい」というサンタナの夢を聞き、有名人にはセックスビデオの流出がつきものだと早合点したブリトニーが、なんと自分たちの映像をネット上に公開してしまった。

カートとメルセデスの元に、ボーカル・アドレナリンのウェイド・アダムス(アレックス・ニューウェル)が訪ねてくる。 ジェシーの横暴な指導に困っていること、実は舞台にドレスとヒールで出たいことを相談されたカートたちはスーにその話を聞きつけられてしまう。 オハイオで女装をすれば顰蹙を買ってしまうと止めた2人に、スーはヒールを差し出してあえて女装させ、大会で不利になるように仕向けろと指示を出す。 仕方なく靴を渡したカートとメルセデスだが、やっぱり止めるべきだと楽屋のウェイドを訪ねる。

しかしすでにウェイドは靴を履いて、女性としてふるまうもう一人の自分”ユニーク”になっていた。 コーチのジェシーには内緒で女装して舞台に上がったユニーク。その姿をみて仰天したジェシーは舞台に飛び出さんばかりの勢いで止めに行くが、ユニークは無視。 リード・ボーカルとして素晴らしい歌声を披露したユニークに会場は大盛り上がりだった。

フィンは俳優になりたいという夢を見つけ、レイチェルと一緒にNYに行ってアクターズ・スクールに入ると決意。 サムはgleeでやったダンス大会でのメルセデスの姿を撮影していて、それをYou Tubeにアップしていた。 たくさん寄せられた応援メッセージをみて、メルセデスは自信をつける。 スーはブリトニーのアイデアで、サンタナのために国内屈指のチア部のある大学への道を用意していた。

%感想

クイン、助かってよかった!車いすでの登場は衝撃的でしたが、アーティと学校のスロープをのぼるシーンでは本気で笑ってましたね。 つい脚に力が入ってしまうため、脚の動かない演技は難しいというアーティ役のケヴィン。クインの車いす生活がどれくらい続くかは分かりませんが、 演じるディアナの「動かない演技」にも注目していきたいところです。 4年生の卒業を控え、少しずつ新顔が増えてきているNEW DIRECTIONS! ジョーはもう完全に入部なんでしょうかね? V.A.の新顔ウェイド”ユニーク”アダムス。性同一性障害を抱える役だということです。演じているアレックスは性同一はないですがゲイだと公表しているようです。 それにしてもユニークはどう見ても女の子ですよね。ウェイドよりも華もあるし、なにより自信に充ち溢れていて輝いています。 ジェシーからはクビという言葉も出ていましたが、今後もぜひgleeで活躍してほしいですね。

%グリー/gleeを観る

合わせて読みたい記事