ネタバレ 2015/04/11

【アロー/ARROWシーズン2第11~12話】のあらすじ【ネタバレ注意】

arrow2

%アロー/ARROWを観る

%第11話「知りすぎた女」

ブラッド議員は母親マヤにローレルが面会に来たことを訊ねる。母親が彼に全て話すと骸骨のマスクのブラザーに扮したブラッドに殺される。

ローレルの元にマヤが殺害されたと知らせが入り、ローレルは上司のドナーにブラッドを取り調べるように言うがドナーは聞き入れない。ランスの取り計らいでローレルはアローにブラッドを調べて欲しいと依頼する。アローはローレルと記録保管庫に侵入してブラッドの父親殺しのファイルを盗むが、スレイドに先回りされファイルは空だった。

ブラッドは手下のデイリー巡査にローレルを遠ざけるよう指示する。ローレルは罠にはめられ麻薬所持で逮捕される。釈放されたが、もはやランスでさえ彼女の言うことを取り合わない。オリバーと自宅に戻ったローレルはブラッドの手下に誘拐される。アローとして救出に向かったオリバーはローレルを救出、骸骨のマスクの男と闘う。ローレルはマスクの男を射殺するが、マスクをかぶっていたのはブラッドではなくデイリーだった。ローレルは無罪となるがドナーから薬物依存として解雇されてしまう。デス ストロークのマスクをかぶったスレイドはブラッドに今度失敗すれば殺してやると言って脅す。

ロイは怪力を手に入れたことをシンに話し、遂に自分が街を救う時が来たと言う。シンと協力して売春婦の切り裂き魔を追う。2人は切り裂き魔を見つけるがロイは自制心を失い犯人を殴り殺しそうになる。シンはテアにロイのことを話す。アローはロイに彼が力をコントロールできるように協力すると言う。

フラッシュバック、オリバーはスレイドを見つけてアイボに助けてもらうというサラに反対する。オリバーはサラを旅行に連れ出したことを謝るが、それはは自分の責任でオリバーのせいではないと言うサラ。オリバーが寝ている間にサラは無線機でアイボに連絡をとる。アイボはサラに初めて会った時に救われたように今度も救って欲しいと頼むが、サラは彼の元に戻るくらいなら死んだ方がましだと言う。怒ったアイボは2人を捕まえて拷問してやると言う。

%第12話 「新たな仲間」

アローは力をコントロールできるようロイを訓練するが成果は殆ど無い。そんな時、フェリシティから殺し屋のブロンズ タイガーが脱獄しマルコムの屋敷の見取り図を盗んだと情報が入る。アローはロイとマルコムの屋敷に侵入。しかし自制心を失ったロイに気を取られた隙にブロンズ タイガーに地震発生装置を持ち去られてしまう。

アローは力をコントロールできるようロイを訓練するが成果は殆ど無い。そんな時、フェリシティから殺し屋のブロンズ タイガーが脱獄しマルコムの屋敷の見取り図を盗んだと情報が入る。アローはロイとマルコムの屋敷に侵入。しかし自制心を失ったロイに気を取られた隙にブロンズ タイガーに地震発生装置を持ち去られてしまう。モイラはウォルターからマーク フランシスを紹介される。彼らはブラッドの政策に反対し、市長選に立候補して欲しいとモイラを説得する。テアからも応援され出馬を決意するモイラはウォルターに秘密を打ち明ける。テアの本当の父親はマルコムで、唯一真実を知る彼女の担当医が障害になるかもしれない言う。

フェリシティはブロンズ タイガーと武器商人マイロの繋がりを突き止める。マイロの所有する船に向かうアローとロイ。2人に取引を邪魔されたマイロは地震発生装置を起動させる。オリバーは怒りで自制心を失ったロイに正体をバラし、愛する人を思い出せと説得、ロイは装置を破壊し地震の発生を食い止める。その後ロイをアローのチームに紹介する。

ARGUSのエージェント アマンダ ウォラーは投獄されたブロンズ タイガーを訪れ、彼女の軍団スクワッドのメンバーに招集する。

フラッシュバック、オリバーとサラはスレイドを探し洞窟に戻り壁面に描かれたファイヤーズのロケットランチャーの計算式を見つける。スレイドは復讐のために船を沈める気で、そうなれば島を脱出できなくなる。2人はロケットランチャーの場所へ向かい、シャドウは島から脱出することを望んだはず、と船を乗っ取るようスレイドを説得する。

%感想

ついにロイがアローのチームに仲間入り。スッキリしましたー!でもこれが全部テアにバレた日にはどうなるんでしょう?今のうちからちょっとずつ小出しにした方が…などと余計な心配をしてしまいます。また、シーズン1とは真逆のアル中女ローレル、こんなヒロインで大丈夫なの?正直、フェリシティの方が出番も多いし、よっぽどいい味出してるんだけど。そしてサラがローレルと再会。案外あっさりバラしちゃいましたね。

%アロー/ARROWを観る

合わせて読みたい記事