ネタバレ 2015/04/11

【アロー/ARROWシーズン2第5~6話】のあらすじ【ネタバレ注意】

arrow2

%アロー/ARROWを観る

%第5話「リーグ オブ アサシン」

オリバーが刑務所を訪れるとドナー弁護士とローレルがモイラの司法取引について話し合っていた。検察は有罪を認めれば仮釈放付きの終身刑という条件を提示し、モイラはよく考えたいと言う。オリバーとテアはモイラにどんな秘密が明らかになろうと母親への愛は変わらない、最後まで闘おうと説得する。

サラはクイーン家の屋敷に身を寄せる。屋敷にマルコムのような服装の男が押し入ってくる。彼の狙いはサラを連れ戻すことだった。男は逃走しオリバーはサラを隠れ家に連れて行く。男はリーグ オブ アサシンのアル オワールで、サラはナンダ パルバットで殺し屋になるための手ほどきを受けたと言う。フェリシティがアルの残した足跡を調べて検出した殺虫剤から、彼らは今は使われていない街の殺虫剤工場を拠点にしていることを突きとめる。アローとキャナリーに扮した2人はアサシンらのアジトに侵入し闘うが、退散せざるを得なくなる。

ローレルを心配するオリバー。食事の後ローレルを自宅に送ると何者かが侵入した痕跡があった。オリバーが調べるとリーグ オブ アサシンの仕業だと分かる。フェリシティはランスに危険が迫っていると忠告するがランスは真剣に取り合わない。サラはランスの前に姿を現し、キャナリーの隠れ家に案内して正体を明かす。そこにアサシン達が現れる。アローの助けもあってアサシンらを殺害、一人生き残った男にラーズ アル グールへ「家族には手を出すな」というメッセージを届けさせる。サラは父親に危険なので自分のことは家族には秘密にして欲しいと言う。

フラッシュバック、サラは6年前の遭難事故で海を漂流するうち囚人を乗せた船に発見され監禁される。彼女は同船していたアイボ博士に気に入られ客室に移される。博士は人類を救うための研究をしていると言う。サラは拷問室のオリバーを痛めつけ、オリバーが何も喋らないようにする。

%第6話「誰がために」

ロイはアローと共に街の悪党と闘う。ランスはロイを逮捕するが彼がアローの仲間だと分かり釈放する。ディグルは2人組の男に襲われ誘拐される。テアはモイラの弁護士にロイの存在が裁判で母親の立場を悪くすると言われロイと別れることに。それを知ったモイラは2人を刑務所に呼び、別れるべきではないと交際を認める。

ディグルを誘拐したのは政府の秘密組織ARGUSだった。リーダーのウォラーはディグルに彼の元妻のライラがデッドショットを追ってモスクワ入りし、消息を絶ったと話す。彼女はアローであるオリバーにも協力を要請するようにと言う。オリバーらはプライベートジェットで共にモスクワ入りを計画するが、突然イザベルも同行することに。

オリバーの友人クニャゼフによるとライラは刑務所に侵入しようとして捕まったらしい。ディグルはドラッグ売買の罪で刑務所送りになりライラを救出するという作戦に移る。刑務所内の喧嘩で”冷凍庫”送りになったディグルはそこでデッドショットに会う。クニャゼフの手下の看守がディグルをライラの居場所に案内するはずだったがデッドショットが看守を殺してしまう。ディグルはライラの居場所を知るデッドショットを助けることになってしまう。

ディグルを救出する時間になりフェリシティがオリバーを迎えに行くと、オリバーの部屋から出て行くイザベルを目撃する。

3人は刑務所から脱出し、オリバーらの待つ場所へと向かう。デッドショットは助けてもらった代わりにディグルに情報を漏らす。彼はHIVEに雇われてディグルの弟を射殺したのだ。街に戻ったディグルとライラは再び親密な関係になる。

フラッシュバック、アイボは旧日本軍の潜水艦を探していた。その潜水艦は細胞を変化させ超人的な力を得ることができる血清を運んでいた。サラはオリバーに知り合いだということは黙っているようにと言う。そして友達に危険を知らせたいと言うオリバーを船内の無線室に連れ出す。オリバーはスレイドの火傷の手当てをするシャドウと連絡を取る。船長とアイボはオリバーを騙して仲間を見つけたサラに満足する。

%感想

第6話は番外編という感じですが いや〜面白かった!プレイボーイオリバーは今シーズンもやってくれます。まさかイザベルと!!デッドショットもいい味出てますね。今後も番外編としてディグルが弟の死の真実を追うことになりそうです。しかし、アーガスやらハイヴやら、秘密組織が次から次に…。前シーズンからのチャイニーズ トライアッドにサラの所属するリーグ オブ アサシンに、もうだんだん分からなくなってきてました。フラッシュバックでサラとシャドウが対面したら オリバーはどっちを選ぶんでしょう?プレイボーイはこれだから困ります。

%アロー/ARROWを観る

合わせて読みたい記事