ネタバレ 2015/04/11

【グリー/gleeシーズン3第11~12話】のあらすじ【ネタバレ注意】

gree3

%グリー/gleeを観る

%第11話 『マイケル争奪戦』

プロポーズの返事ができないでいるレイチェルに、フィンはアプローチを続ける。NYに出て世界が開けた後でも、今の2人の気持ちを忘れずにいてほしいという。
こっそり相談したクインには「大学に出てしまば全て過去のことになる。2人の幸せのためには別れるべきだ」ときっぱり言われてしまう。 しかし想いをこめた歌を贈られ、レイチェルはとうとう結婚を承諾した。

クインは妊娠を乗り越えてオールAの成績を残し続けたことを小論文にし、見事イェールへの入学を勝ち取った。
カートと、遅れて通知を受け取ったレイチェルも、ともにNYADAの最終選考に残る。

地区大会では分かれてパフォーマンスしたglee部。NEW DIRECTIONS! (以下N.D.)の選曲をうらやましがる元Troubletonesの面々。 そこで州大会では全員でマイケルをやろうとカフェで相談中、セバスチャンが現れてウォブラーズがマイケルをやる予定であることを知らされる。
諦められないN.D.のメンバーは選曲をめぐって歌での対決を挑む。しかし去り際にジュースを掛けられたブレインが角膜を負傷し、手術まですることになってしまった。
怒りに震えるメンバーたちは報復を提案。しかし暴力に訴えるのはいけないとウィルに諭されてしまう。

セバスチャンの元へ単身乗り込んだサンタナ。
そこでセバスチャン本人から、本当はカートを狙ってやったこと、ジュースには岩塩が仕込まれていたことを告白させた。 下着に機械を仕込んでしっかりと録音していたサンタナは、これを使って訴えようと言うが、カートが策があるからと止める。 正攻法で勝ちたいN.D.は講堂にウォブラーズを招待。マイケルの♪Black or White を歌い、差別や中傷になど屈しないことを伝える。 途中から曲のメッセージに賛同したウォブラーズのメンバーも舞台に上がってパフォーマンスに参加し、客席にはとうとうセバスチャンだけになってしまう。
録音テープの存在を暴露したサンタナだが、訴えることはしないとセバスチャンに投げてよこす。ウォブラーズのメンバーもセバスチャンの本性に気付くことになった。

%第12話『魅惑のスペイン語教師』

終身在職権のポジションがひとつ空いた。ウィルも候補の一人だが、スペイン語の能力に疑問の声が出ているという。 フィギンズ校長からは、終身在職権が欲しければスペイン語を上達させるように言われてしまった。
名誉挽回のため夜学へ通い始めるウィル。そこのスペイン語講師デイビッドが「2030年にはスペイン語を話す人口が世界で一番多くなる」と話すのを聞き、今週のgleeのテーマをラテン系アーティストとすることに決める。それにより生徒の成績が上がれば校長の心証もよくなるだろうという打算もこめて。

gleeの練習室に招待されたデイビッド。生徒たちはそのイケメン振りと素晴らしいダンスや歌に歓喜。歌は初心者だとばかり思っていたウィルはデイビッドの登場によりさらに生徒からの信頼がうすくなる結果となってしまった。 イライラするウィルはエマにつらくあたり、2人の仲も険悪に・・・。

ウィルはなんとなくポストに空きがあったためになってしまったスペイン語教師の座を、昼の仕事をしたがっていたデイビッドに譲ることにする。 そして自分は新たに空いた歴史の教師の座におさまることにした。
ウィルが適当にあしらったエマのパンフレットが他校でも大好評。その功績をかわれ、終身在職権はエマが得た。

スーは突然子どもを産む決意をする。 しかしそれを知ったロズに散々に馬鹿にされ、その上スーのやり方は古臭いとチアに乗りこまれ勝手に振り付けをされてしまう。 モダンなロズ風の振りは生徒に大人気で、スーは立場がない。 珍しくやりこめられながらも、子どもは絶対に産むと強く心に誓ったスーだった。

エマに恋愛相談に行ったメルセデスとサム。 元々恋人だった2人はサムの引っ越しにより一度別れていた。そのあいだにメルセデスはシェーンと交際を開始。 いまも関係は続いているが、サムとキスをしてしまったことで自分の心を見失ってしまったメルセデス。 エマは1週間コミュニケーションを禁止する。そしてその禁止が解けたとき、メルセデスが選んだのはサムではなかった・・・。

%感想

11話の見どころは、やっぱり「歌」!セバスチャンは本当にほんと~っにムカつきますが、歌はものすごく上手い。 (ちなみに、演じているグラント・ガスティンはプライベートではゲイではありません) サンタナとの決闘シーンで披露したマイケルの♪Smooth Criminal は素敵でしたね。 そして!隠れマイクファンのみなさま、お待たせいたしました。アーティの妄想シーンで2人が本領発揮! 曲はマイケルとジャネットの♪Scream 、2人のがっつりメイクとキレッキレのダンス、素晴らしい歌声に画面釘づけになった人も多いはず! 12話では日本では懐かしのリッキー・マーティンがスペイン語講師として登場しました。 リッキーの代表曲♪Livin’ la Vida Loca の発表が1999年。あれからもう16年が経ったんですね~・・・。

%グリー/gleeを観る

合わせて読みたい記事