ネタバレ 2015/03/27

【GRIMM/グリムシーズン1第21~22話】のあらすじ【ネタバレ注意】

GRIMM

%GRIMM/グリムを観る

%第21話「セルフコントロール」

自称ビッグフットハンターの3人組のうち2人が山の中で何者かによって惨殺される。 獣医であるジュリエットは患者である馬の様子を見に行くと食いちぎられたかのような跡を見つける。 そして、馬の主とともに犯人かと思われる足跡を追うと惨殺された死体と遭遇する。 駆け付けたニックは唯一生き残った女性に話を聞くとビッグフットに襲われたと話す。

モンローのもとにヴェッセンが現れ警戒するが何か様子が変な友人ラリーだった。 そして、変身能力をコントロールできずに意識を失うラリー。 不思議に思うモンローは、家に来たラリーは事件の犯人でもあるため、ニックに助けを求める。

事件の犯人を捜すため警察犬を導入しており、既にモンローの家の近くまで来ていたことを心配するニックだがモンローのマーキング効果で逃げて行ってしまう警察犬だった。 その後、自殺をしてしまったラリーを山の中へ置き、犯人の衣服を着てモンローが警察犬を誘導するがヴェッセンの姿をハンクに見られてしまう。

ジュリエットは馬に付着していた毛を調べると人間でも動物でもない事が発覚し疑問に思うのと同時にビッグフットのような生き物がいるのではと思う。

後日、またもモンローの知り合いのヴェッセンが事件を起こし遺体となり発見され、共通点を探ると孤高の暮らしを好み、自然を愛し、親しみやすいビッグフット型のヴィルダーマンのブリンカーホフが行っているヴェッセンの本能を抑え込むことができるようにするセラピーを受けていたことがわかった。

怪しむニックとモンローはブリンカーホフを追い詰めるが、彼もまた自分のヴェッセンとしての本能を抑え込むことができずにいた。 ついに、暴走し始めたブリンカーホフはヴェッセンの状態で外へと出てしまう。 何人かの人間を襲い、女性を人質にし、逃亡するブリンカーホフからニックとハンクは、協力して女性を救出し、ブリンカーホフを銃撃する。 死に際にブリンカーホフがヴェッセンから人間に変化していく様子をハンクは見てしまい、かなり動揺するのだった。

%第22話「黒服の女」

カフェでモンローにブリンカーホフの変化する場面を見て以来様子がおかしいハンクについて相談するニック。 その姿を盗撮する私立探偵はホテルで、依頼主でニックの両親を殺害した容疑者4人のうちの1人であるアキラ・キムラに写真を渡し、コインの存在を知った、自分と組めと言うがアキラによって殺される。 そのあとに黒服の女性が現れるがすぐに消えてしまう。

ニックとハンクは現場へ行くと自分たちの写真が撮られていることに気づき、レナードに連絡するが通じないため心配したニックはウーにレナードの家へ行くよう頼む。 その頃レナードは、コインを探すアキラに襲われていた。 家政婦はすでに殺害されてしまっていた。 駆け付けたウーも逃亡するアキラによって襲われるがレナードも含め何とか死なずに済んだ。

アダリンドはニックへの復讐をしようと飼っている猫に媚薬を飲ませ、ジュリエットの手を引っ掻かせる。 それを聞いたニックは命に関わるかもしれないから病院へ行くように言うが、ニックの隠し事がありすぎて納得できないジュリエットは拒否する。

仕方なしにニックはグリムについて全てを話すが、おかしくなったと思い信じようとはしないジュリエットだった。 困ったニックは最終手段としてモンローがヴェッセンになる姿を見せようとしたときジュリエットは倒れてしまい、病院に運ばれるが目を覚まさない状態が続く。

ついにニックの家にアキラが来てコインはどこだと襲いにかかるが、ニックも対抗してなぜ両親を殺したのかと怒る。 殴り合いが続く中、突如として現れた黒服の女がアキラをいとも簡単に殺してしまう。 そして、ひっくり返したアキラの背中には竜の刺青があった。 ニックは警戒しながら何者かと尋ねると思わぬ返答が。 黒服の女は、ニックの死んだはずの母親だった。

%感想

21話はとうとうハンクがはっきりとヴェッセンを2回も目撃してしまい、動揺が半端ない感じからどうこれからに繋がるのかが少し気になった。 でも、ようやくちゃんとニックの真の相棒になるってことかな。 22話はまさかのニックの母親登場でびっくりした。 しかも、かなり強そう。容赦なさそうだし。 アダリンドもしつこいな。 あとは、ジュリエットの理解不能なら最初から聞かなきゃいいのにとか思ってしまった。

%GRIMM/グリムを観る

合わせて読みたい記事