ネタバレ 2015/02/03

【グリー/gleeシーズン1第11~12話】のあらすじ【ネタバレ注意】

Glee_Season2

%グリー/gleeを観る

%第11話 究極の“ヘアー作戦”

ス―が地区大会の曲目リストを提出するようウィルをせかす。
なぜか対戦相手の学校名や郵便番号まで聞いてくる上に、練習風景をブリトニーが(スーの指示で)撮影していたり、不審に思うウィル。
対戦相手の1つ、女子刑務所内のジェーン・アダムス高の顧問に直接会いにいき、リストが渡っていないか尋ねるが、不正はしていないと怒らせてしまう。
安心するとともに、お詫びとしてマッキンリー高の講堂でお互いに曲を披露し合おうと提案する。

アダムス高の髪を振り乱すダンスに圧倒されるマッキンリーのglee部。
レイチェルは下手なダンスをごまかすための技だというが、できることは全てやって大会にのぞみたいウィルはその案を取り入れようとする。
しかしもう1校の対戦相手デイトンろう学校に、髪を振り乱したパフォーマンスは大不評。
ろう学校が見せた手話による♪Imagine / John Lennon に心を打たれるウィルと生徒たちは、「ヘアー作戦」を封印することとなった。

フィンの不甲斐無さとは反対にパックの細やかな気遣いと優しさに揺れるクインは、パックとの「お試し期間」を持ちたいと考える。
そこでカートに協力を依頼。ダサいレイチェルをイメージチェンジさせてフィンを誘惑させ、少しの間フィンの気をそらさせようと計画する。
しかしレイチェルが恋敵だと知ったカートは路線変更し、わざとフィンが苦手なタイプに変わるようそそのかす。
まんまとその策に乗ってしまったレイチェルは、フィンから距離を置かれてしまう。

同じくウィルの気を『妊娠中のからだ』から引き離しておきたいテリは、昔ウィルが持っていたのと同じ車を中古で手に入れる。
さびついた車の修理に夢中になれば気をそらされると考えたためだ。
作戦は大成功と思った矢先、クインが子どもは里子には出さないと言いだす。
焦ったテリはケンドラに相談。ケンドラの怪獣のような3兄弟のベビーシッターにクインを雇い、子育ての現実をみせれば手放すはずだと考える。
しかしパックを誘ってシッターに来たクインは、歌で兄弟たちを手なずけてしまった。

パックとならばうまく行くと確信しはじめたクインに衝撃の事実が告げられる。
実はパック、シッターの合間をぬって、サンタナをはじめ複数の女生徒とホットなメールをしていたのだ。
子どもにはよき父が必要だけれどパックは不向きと判断したクインは、やはりテリに子どもを渡すことにする。

発表会での「ヘアー作戦」失敗を受け、曲目を変えたウィル。
スーにリストを渡すが、そのリストはアダムス高、デイトンろう学校に渡ってしまう・・・。

%第12話 思い出のアルバム撮影

マッキンリー高に卒業アルバムの撮影の季節がやってきた。
カートの調査によると過去のglee部の写真には、すべてひどい落書きをされていることが分かった。
それを理由にgleeの写真掲載をなしにすると決めたスーとフィギンズ校長。
部への風当たりが強くなることを懸念したメンバーたちもその決定を、むしろ喜んでいた。
しかし正義感あふれるウィルと、とにかく「自分の足跡」を残したいレイチェルによって覆されてしまう。
スペースの問題で全員は載せられないため、満場一致でレイチェルが選ばれる。

カメラマンの本業がCM撮影だと知ったレイチェルは演技力を見せつけ、CMに起用してほしいと頼み込む。
スターになれると聞いて、メンバーたちもCM撮影には乗り気。
マットレス店のCMでgleeのパフォーマンスを披露し、採用される。

ウィルは撮影用にポケットチーフを探していたが、見つからない。
テリの引き出しを漁っていた時に妊婦クッションを発見し、妊娠が嘘だと知ってしまう。
テリに詰め寄るウィル。言い訳するテリを振り切って家を出てしまった。
学校の練習室に来たウィルは、高く積まれた生徒宛のマットレスに気付く。
CM撮影を知らないウィルは不審に思うものの、1枚開封しそこで夜を明かした。

glee部がCMに出演していることを知ったスーは、大会の規約に反していると指摘する。
マットレスを開封してしまったため、返却ができず、謝礼を受け取ってしまったことになるのだ。
これがプロ活動とみなされる可能性があるため、容認できないとフィギンズ校長にも匙を投げられてしまう。

スーの部屋にチアのユニフォームを着て現れたクイン。
過去にスーから靴や日焼けサロンのクーポンをもらったことをネタに、卒業アルバムでチア部が持っている6ページのうち、1ページをまるごと無償でgleeに譲るよう取引をする。

CMの責任をかぶって地区大会には同行しないと決めたウィル。
生徒たちだけでも必ずやりとげることができる、と励ます。
決意を新たに笑顔でアルバム撮影にのぞむglee部のメンバー。
あっという間に落書きされてしまっても、その下にある笑顔は輝いていた。

%感想

なんだか少し重い回でしたね・・・。
テリの妊娠が嘘だと知ったウィルの顔は、本当に怖くて直視できないほどです。
でもテリの気持ちも、ほんの少し分からなくもない。離れていきそうな夫を前にもがく様子は胸が痛みます。
それにしてもデイトン高の手話によるパフォーマンスと、それに合わせて歌いだしたマッキンリー高とのコラボは、感動の涙を抑えきれません。
ティナのソロ ♪True Colors / Cyndi Lauper は優しくて私がgleeで好きな曲の1つです。
さて、スーの企みにより曲目が漏れてしまいましたが、地区大会はどうなってしまうのでしょう・・・。

%グリー/gleeを観る

合わせて読みたい記事