ネタバレ 2015/03/25

【アンダー・ザ・ドームシーズン2第7~8話】のあらすじ【ネタバレ注意】

underthedome

%アンダー・ザ・ドームを観る

%第7話 「帰郷」

バービーはアンジーを殺した犯人はサムで、さらに彼は崖から落ちて死んだ事をジェームズに話すが「僕はおじさんを信じる」と言われてしまう。 サムについているアンジーの傷跡を見せて証明するためにもバービーはサムの遺体が必要だと引き揚げに行くが、何かの力により崖に引っ張られて落ちてしまう。

ジュリアとレベッカはバービーが落ちてしまった事をジムが知ったら何をしでかすかわからないと思い一度は秘密にしておくが、 ジムにウソをつくなと脅迫されたレベッカは彼が崖に落ちた事をしゃべってしまい彼独断でバービーの弔いの会を開いてしまう。

崖から落ちたバービーはなぜか公園で目を覚ます。 そこは彼の故郷、ゼニスだった。彼は父であるドン・バーバラの元へ訪ねた。 彼はアクタイオン・エネルギー社のオーナーであり、政府や軍にも顔の利く程の人物だった。 バービーはドームに近づく事を父親に頼んだ。 今ドーム周囲は16km以内に近づけない程の立ち入り禁止区域であり爆撃で荒地と化し危険だ。 しかし愛する女性によって目も態度もすっかり変わったバービーに心打たれたドンはこれを承諾する。 その時、彼らが歩いているそばにはポーリーンが描いたと思われる真っ赤な扉があった…。

ゼニスには崖から落ちたサムも辿りついていて、彼はポーリーンを訪ねていた。 閉鎖病棟にいた彼女に出会うと、彼女は自分が街から出ればドームがついてきて街の人やサムやジェームズを助けられると思ったと話す。 そしてライルも街に戻って来ている事が解るが、彼は精神を病んでいてポーリーンもサムの事も認識できずひたすら「メラニー」とつぶやいている。

ジュリアはバービーの事をジョー達に話した、ジョーは崖下の様子をロボットで見ようと提案した。 ロボットの映像は途中で切れてしまったが、切れる直前に公園の映像が映り込みそこにはあの「オベリスク」が見えた。 彼らに合流したメラニーとサムは卵を崖の前に取り出すとピンクの星が浮かびゼニスの街を映し出した。 「バービーは生きている。彼が出口を見つけたなら帰り道も見つけられる」とジュリアは確信したように言った。

%第8話「覚醒」

バービーは父親に頼んでジュリアにメールを送る事にする。 ドームには電波が通じる瞬間があって、父の特権でメールが出来るようだ。 その内容は「近いうちに必ず会える、信じてくれ」といった彼女を安心させるためだけの内容だったが父親によって改ざんされ、「卵を持ってきてくれ」という一文が足された。

その事実をバービーは父のアクタイオン・エネルギー社の社員であるハンター・メイという男から聞かされる。 彼は軍より早くwifi信号を送る方法も発見している程のITの知識が豊富だった。 バービーは彼を通して再度メールを送る事になったが、今は信じていいかわからない父親の前でもあったので、暗号のような内容を送った。

一度目のメールを受け取ったジュリアはにわかには本当の事と思えないようだ。 もう一度学校へ戻って電波を探すが繋がらないのでバービーにしかわからないような質問を書いた手紙を崖に投げようとしたが、その時二度目のメールが届く。

「初めてのキスを思い出して。ジョーの家に近いドーム。 またあそこで抱きしめたい、赤の他人より」と事実とはまったく異なる内容のものだった。 ジュリアはこの文を見てバービーが謎めいた文章を送ったのには訳があるのだと理解し、この場所に行ってみることにした。

ジュリアに会うためにもドームに近づきたいバービーはハンターを使ってドームの立ち入り禁止区域に入る事が出来た。 ドームの壁のそばにいたジュリアに会えると文字で「こっちは危険だ。絶対に飛ぶな」と伝えようとするが軍に見つかり連れ戻されてしまった。 しかも、その場面をジムも目撃していたのだ。

一方、ポーリーンとサムはジェームズをドームから救い出すためにライルを病院から連れ出し、注射を使って正気に戻していた。 ポーリーンはドームが現れた後だったのでライルに送る事が出来なかった「赤い扉」の予言のポストカードがあった事を打ち明ける。 何故描いていたのか本人にもわからないようだが、この扉を探す事で何か進展がありそうだ。

%感想

まさかバービーがドームの外に出られるとは思わなかったのでこの展開にはびっくりさせられた。 しかし一度は安心したものの、新たに登場するバービーの父親はなぜ卵の事を知っていたのか、何を企てているのかが気になる。 そしてバービーがまだ生きている事を知ったジムがどのような行動を起こすのか不安である。 また、「赤い扉」が果たして本当にドームへの入り口なのか、どうやって繋がっているのかが今後明らかになっていくはずなので今後の展開に期待したい。

%アンダー・ザ・ドームを観る

合わせて読みたい記事