ネタバレ 2015/03/24

【ヴァンパイア・ダイアリーズシーズン2第5~6話】のあらすじ【ネタバレ注意】

vampire2

%ヴァンパイア・ダイアリーズを観る

%第5話「殺るか殺られるか」

1年前、バーで飲んでいたメイソンは、いわれのない因縁を付けられて親友に殴りかかられ、突き飛ばした弾みで殺してしまった。それから呪いが始まり、満月の夜になると狼に変身し、目に入るもの全てを襲ってしまうため、鎖につながないといけないのだとタイラーに説明する。そして、事故でも人を殺さないよう、タイラーに気を付けるよう言う。

エレナとステファンは喧嘩したふりを続けるため、陰でこっそり会う。 歴史協会のチャリティパーティがあり、準備をするメイソンにステファンはデイモンのことを謝り和解を申しでるが、許せないメイソンは保安官のリズにサルヴァトーレ兄弟がヴァンパイアだと告げるが、リズは信じない。

ジェレミーとタイラーは、お互い父親を亡くしたことで仲良くなりはじめ、バーで会ったエイミーとサラとタイラーの家で4人で飲むことにする。ジェレミーがスケッチブックに狼の絵ばかり描いているのを見て、タイラーはジェレミーに狼の男やムーンストーンについて話すが、そこへお酒を飲んでふざけたエイミーとサラが来て、ムーンストーンを奪って逃げ、タイラーを挑発する。怒ったタイラーが奪い取ったはずみでサラは階段から落ちてしまう。死んだと思ったタイラーとジェレミーは、サラがふざけたとわかり安堵する。

子どもにバーベナ入りのレモネードを飲んだデイモンは苦しみ、リズはそれを見てしまう。メイソンの仕業だと思い、メイソンを殺そうとするデイモンとステファンは、森の中でリズたちに銃で撃たれ、バーベナを注射されロックウッド家の地下牢へ連れて行かれる。 遠くで銃声を聞いたエレナとキャロラインは血痕を見つけ、2人が地下牢にいるとわかり、助けに入るが、キャロラインは母親に自分がヴァンパイアだと知られてしまう。キャロラインはリズにヴァンパイア狩りをやめて欲しいと頼むが、耐えられないから殺してほしいと言われる。

娘がヴァンパイアであることを受け入れられないリズをデイモンは家に連れて帰り、バーベナが抜けたら暗示をかけるため、抜けるまで地下室に閉じ込めることにする。数日分の洋服や荷物を持ってきたキャロラインは、母親が自分に会いたくないと言うのを聞いてショックを受け、エレナにキャサリンからマットを殺すと脅されていることを話す。

ステファンは、人の血を飲まないとキャサリンに太刀打ちできないから血を飲むというが、エレナはまたおかしくなるのではないかと不安に思うが、毎日少しずつ試すというステファンに、一緒に頑張ろうと自分の血を飲むようナイフで切った手を差し出す。

タイラーはメイソンに人を殺しそうになったことを話し、不安な気持ちを告げ、ムーンストーンを手渡す。ムーンストーンを手に入れたメイソンは、森の中でキャサリンと会う。 キャサリンとメイソンは通じていて、メイソンは知らないが、その昔メイソンが狼男になるように手引きしたのはキャサリンだった…。

%第6話「駆け引き」

エレナとステファンは幸せな朝を迎える。そして、自分の手に針を刺し、ステファンに少しずつ自分の血を飲ませて慣れさせる。その頃、キャサリンとメイソンもベッドを共にしていた。キャサリンはムーンストーンのありかを聞き出そうとするが、誰も信用しないメイソンは今夜持ってくると約束する。

自分のルーツを知りたがるジェレミーはデイモンに協力すると言い、アラリックからムーンストーンが狼人間の呪いを解くカギであることを聞かされる。ジェレミーはタイラーの元にあると思っていたが、既にメイソンの手に渡ってしまっていた。 ロックウッド家で開かれるチャリティーパーティで、メイソンは無事な姿のステファンを見かけて驚く。そこへ来たボニーとぶつかり、ボニーはメイソンがエレナとキスしている姿が見えたと言うが、ステファンは相手はキャサリンだと気づく。

ステファンとデイモンはエレナが危険だからとボニーに協力するよう頼み、メイソンを捕まえて自分たちの家へと連れて帰る。ボニーはメイソンの頭を読み取り、ムーンストーンはロックウッド家の井戸にあるとわかる。デイモンはキャサリンとの関係や企みを問いただすが、話そうとしないメイソンにトリカブトなどを使って拷問する。呪いを解くのは自分を愛しているからだと、メイソンが純粋にキャサリンを愛しているだと知って、キャサリンに騙されているとわかったデイモンはメイソンを殺し、フロリダに戻ったことにする。

キャロラインは地下牢にいるリズを訪ねるが、ご飯も食べずキャロラインを無視する。真実を全てを話すが、理解してくれないため、ボニーと井戸へ向かうことにする。 メールをもらって、先に井戸に飛び込んだステファンは、井戸の中に入っていたバーベナのせいで中で死にそうになる。キャロラインの助けで、ステファンを救い出すためエレナが井戸の中に入る。ステファンを先に救い出し、大量の蛇の中、必死で石を見つけ出して井戸を上がったエレナは瀕死のステファンに自分の血を飲ませる。

地下牢に戻ったキャロラインは、エレナやステファンを救った武勇伝を母親に話す。生き生きと話すキャロラインを見て、誰にも言わないから暗示をかけなくても大丈夫だというリズ。だが、キャロラインはリズに暗示をかけて連れて帰ることにする。

デイモンは死んだメイソンの携帯の着信履歴からキャサリンの番号を知り、刺激するなというステファンの静止をふりき電話をかける。怒ったエレナは自分には次のプランがあるといい電話を切る。 そして、キャサリンから電話を受けたジェナがエレナに取り次ぐと、キャサリンはジェナに暗示をかけていた言い、ジェナは自分のお腹にナイフを刺して倒れる。全てがキャサリンにバレていたとわかりショックを受けたエレナはステファンに別れを告げる。自分の行動を悔やむデイモンはエレナに謝るが、エレナはキャサリンに負けたと言う。 キャサリンは、マットに殺されるまでタイラーを怒らせるよう暗示をかける…。

%感想

狼男とヴァンパイアの関係はお互いに敵対関係なんですね。キャサリンの思惑がイマイチわからないんですが、とにかくステファンを取り戻したくて仕方がないため、何としてでもエレナから引き離したいってところが超ワガママ(笑) でも、敵対関係の狼男であるメイソンとムーンストーンを手に入れて何をしたかったかは不明のまま。愛していたというのは違いますね。 デイモンとエレナの関係も修復したかと思いきやまた振り出しに…。 シーズン1は冷血人間!って感じだったデイモンですが、人間らしさがたくさん顔を出してきてる気がして、ますます好きになってます(笑)

%ヴァンパイア・ダイアリーズを観る

合わせて読みたい記事