ネタバレ 2015/02/03

【グリー/gleeシーズン1第3~4話】のあらすじ【ネタバレ注意】

Glee_Season2

%グリー/gleeを観る

%第3話 彼らの名はアカフェラス

顧問のスーより内部崩壊の命を受けたクインは、早速行動を開始する。レイチェルをそそのかし、ウィルの振り付けにだめ出しをさせ、カーメル高で振付をしているダコタ・スタンリーを雇うことを提案する。
しかし横暴な態度で生徒を次々とこき下ろしていくダコタ。レイチェルは「カーメル高には勝てないけれど、自分たちの個性を活かせればいい」とダコタをその場でクビにする。
ウィルは生徒の勝手な行動に戦意喪失。職員休憩室でグチっていたところ、その場の流れでケンたちとアカペラグループ「アカフェラス」を結成することになる。
アカフェラスに夢中になり、gleeにはほとんど顔を出さなくなるウィル。
部内の殺伐とした雰囲気にgleeへの楽しみが見出せなくなったフィンもアカフェラスに参加。
その頃女子高生との付き合いに飽きてきていた、親友でアメフト部のノア・パッカーマン(マーク・サリング)も熟女目当てに加わるが、その歌とダンスは抜群。カラオケバーでの初披露の舞台は大成功する。

メルセデスはレイチェルとティナが止めるのも聞かずに、カートへの恋心を募らせていく。
カートとの外出をデートだと思っていたメルセデスは、2人の関係を公表しようともちかけるが、他に好きな人がいると断られてしまい勘違いだったことに気付く。
カートの好きな人はレイチェルだと思ったメルセデスは応援する決心をするが、カートから自分はゲイであると告白される。

アカフェラスの練習でフィンとパックにダンスを教えたウィル。2人から教え方がうまいと言われ、自分の教師としての素質を再確認、教えることの楽しさを思い出しgleeに復帰する。
目論見が外れたスーは怒り心頭だが、クインは「自分に自信があれば他人を蹴落とす必要はない」と笑みを残してスーの部屋を去る。

想像妊娠が分かった後もウィルに本当のことを打ち明けられないテリ。ウィルの両親を招いたディナーの席で、ウィルがテリの妊娠を報告してしまう。
テリは何とかその場を取り繕うが・・・。

%第4話 カートの告白

ぴったりと身体に張り付くユニタードを着て、ビヨンセの♪Single LadiesのPVを再現し、踊るカート。
その姿を父親に見咎められるが、ブリトニーがとっさに「カートはアメフト部のキッカーになった」と嘘をつく。そのための体力づくりだと話を合わせるカート。
父親は納得した様子だが、初試合を観に行くからチケットを用意するようにと言われてしまう。

フィンを頼ってアメフト部の練習に参加したカートは、おもむろに音楽を流す。
歌に合わせて踊るカートをアメフト部の部員たちは笑って見ているが、曲の流れに合わせてカートが蹴ったボールはまっすぐゴールに吸い込まれる。
これを見た顧問のケンはカートを新キッカーに抜擢。
歌のリズムがアメフトに有効だと感じたケンは部員全員にダンスの練習をさせ、本番で突然踊り出して相手を圧倒するというカートの出した案は「指輪作戦」と名付けられた。
(♪Single Ladiesの歌詞で指輪がキーワードになっているため)
全校生徒の前で踊ることを渋っていた部員たちだが、試合終盤で窮地に立たされ作戦を実行。見事カートがゴールを決め、マッキンリー高校は勝利をおさめる。
その夜カートは父親にゲイだということを告白する。

スーは着々と勢力を拡げ、なんとローカルニュースにコーナーを持つまでに。ノリに乗ったス―は校長の弱みをついてgleeの前顧問であるサンディーを復職させることに成功する。
サンディはglee崩壊作戦に加担するため、ミュージカル部を創設。
ちょうどその頃、新曲「ウエストサイド物語」でティナがソロに決定し、猛反発していたレイチェルはミュージカル部の専属になる、とgleeを去る。

gleeにはパックをはじめ、マット、マイクの3人がアメフト部から加入し、部員は州大会の出場条件である12人に達する。

クインはフィンに妊娠を告げるが、2人は禁欲を守る関係。実は子どもの父親は酔った勢いで一夜を共にしたパックだった!
うまく言いくるめられ、フィンは自分の子どもだと信じてしまう。
ウィルから教え子の妊娠を知ったテリは、生まれた子どもを自分の子として育てようとクインに接触する。

%感想

急展開な3話、4話!
パックの歌初披露もありましたが、見かけによらない優しい歌声とキレのあるダンスにはうっとりです。
4話でカートの後ろで踊っていたブリトニー。本物のビヨンセのバックダンサーなんです!gleeにはダンスの講師を兼ねて採用されたそう。
ほんわかしたキャラからは想像もつかない激しいダンスは今後も見ものです!
クインの妊娠にはびっくりですが、高校生での妊娠にそこまで大騒ぎしないというのも、日本人からすると不思議な感じがしますね。
クインを挟み、親友同士のフィンとパックの関係はどうなっていくのか・・・ここにも注目したいところです。

%グリー/gleeを観る

合わせて読みたい記事