ネタバレ 2015/03/16

【フリンジ/FRINGEシーズン1第1~2話】のあらすじ【ネタバレ注意】

fringe_main

%フリンジ/FRINGEを観る

%第1話 フライト627

通報を受けたFBI捜査官のオリビア・ダナムは相棒で恋人のジョン・スコット捜査官とボストンのローガン国際空港へ向かう。空港には国際線旅客機627便が緊急自動着陸をしていた。旅客機の中を調べてみると全ての乗員、乗客が全身の肉が溶けて骨だけのおぞましい状態になっていた。

翌日、倉庫である男が白人男に鞄を渡すのを目撃したという情報がオリビアたちに入る。国土安全保障省の特別捜査官ブロイズの指令で2人は現場へ向かう。ジョンが男を見つけたが、その男が爆弾を爆発させた。オリビアは軽傷だったが、ジョンは意識不明で重傷を負ってしまう。しかもこの爆弾の爆発の際、飛び散った謎の化学物質のせいでジョンは全身の皮膚が透け内臓が見えてしまうという奇妙な症状が出る。

627便の事件とジョンの事件に共通点を見つけたオリビアはこの不可解な事件を追っていくうちに、フリンジ・サイエンスという実験を行うウォルター・ビショップ博士の存在を知る。しかしウォルター博士は17年間精神病棟へ隔離され、会うには家族の承諾が必要となる。そこで息子のピーター・ビショップを探し出し博士に会いに行く。このピーターはIQ190という天才だった。ピーターのおかげで博士を病院から出ることができ、かつて博士が実験を行っていたラボも復活させることができる。

これにより化学物質についてや、ジョンの身に何が起こっているかの実験が開始された。爆弾を投げた犯人をジョンしか見ていない為、オリビアはジョンの脳内の記憶をたどる。薬品の入った液体へ浸かりジョンが見た容疑者の顔を導き出しこれに成功する。

オリビアの容疑者の似顔絵をもとに割り出されたのはマッシグダイナミック社で兵器の研究をしていたリチャード・スティーグという人物だった。このリチャードの双子の弟が627便の犯人だったのだ。リチャードから薬品名が自白され、博士はそれをもとに治療薬を作りジョンは回復していく。

そんなジョンだったがリチャードを殺害してしまう。それに気づいたオリビアはジョンを追う。カーチェイスの末、車ごと転倒したジョンは気になる言葉を残してオリビアの腕の中で息絶えてしまう。負におちないオリビアはラボに戻ると、ピーターに今後も協力して欲しいと願い出る。

その頃、死亡したジョンの遺体はマッシグダイナミック社へ運び込まれていた。

%第2話 80歳の赤ん坊

そこはとあるモーテルの一室。行きずりの男女がセックスを終え、急に女が苦しみだした。陣痛が始まったのだ。病院へ行きたいという女にその場にいた男、クリストファーが慌てて車を出す。病院の近くまで行くと女を降ろし置き去りにしてしまった。その頃には女の腹部はまるで臨月のように大きく膨れ上がっていた。女はすぐに出産のため帝王切開の手術が行われた。女は出産後死亡。しかし、医師達が驚いたのは産まれた赤ん坊だった。

病院から呼び出されたオリビアは博士とピーターをつれて行く。病院へ着いた3人が見たものは80歳で死亡した赤ん坊の遺体だった。医師達によれば、産まれてから4時間後老人となり死亡してしまったと言うのだ。博士はその赤ん坊を細胞分裂したと主張しラボへ運ばせることにした。ブロイズはこの事件を「パターン」だと判断しオリビア達に捜査をするよう指示をする。オリビアとピーターは現場となるモーテルでオレンジ色のジェルを見つける。オリビアはシーツが医療用に替えられていることに気づく。以前筋弛緩剤を打ち脳の一部を抜き取った事件を思い出す。その犯人が使ったのが筋弛緩剤と同様のオレンジ色のジェルだった。

ラボでは博士がある女が産んだのは実験によって産まれた赤ん坊だと主張した。そしてその実験によって産まれた男がクリストファーだった。今回の犯人は女の脳から廊下を操るモルモンがある下垂体を抜き取ったと博士は発見する。17年前に停めた車の中に必要な資料があった為、博士は場所を思い出しピーターに車を修理させラボへ運ばせた。博士が以前一緒に成長促進の研究をしていたペンローズ博士に話を聞くためオリビアとピーターはボストン・カレッジへ向かった。ウォルター博士とペンローズ博士の研究とは、人工的に人間を誕生させ成長ホルモンを用いて短期間で20歳ほどまでに成長させ兵士を培養させるものだった。ペンローズ博士は成長促進の研究は過ちだったと話す。しかしペンローズ博士はまだ何か秘密を持っていた。

実験によって産まれたクリストファーは成長が早いため、プロジェリア症候群となってしまい廊下を防ぐため数々の女性を殺しては下垂体を取り除き自分へ投与し若さを保っていた。ペンローズ博士はクリストファーに妊娠させたことを叱る。しかしその一方であと1人り殺せば痛みはなくなると助言した。オリビアはマッシグダイナミック社のニーナ・シャープから電気パルスカメラを借りる。博士は殺された女の遺体から眼球を取り除き電気パルスカメラで撮影。遺体が死の直前に見たものが網膜に焼きつきそれを再現できるというもの。博士たちは女が最後に見たものの位置を突き止め衛生カメラの映像から犯人をクリストファーだと断定する。

その頃、クリストファーはクラブから女を連れ出していた。ペンローズ博士と共に手術を始めようとしたがオリビア達が駆けつけクリストファーは捕まり、ペンローズ博士は逃げてしまう。連れ去られた女にまだ息はあったが心停止状態だったが電気ショックにより蘇生に成功。クリストファーはどんどん老人になりまもなく死亡した。博士はオリビアにピーターの医療記録について何か知っていると口を滑らせてしまう。そしてある場所ではカプセルに入っていた3体の人間が眠っていた。

%感想

このドラマには通常起こりえない事件が発生する。第1話では機内の全ての人の体の肉が溶けてしまうという事件だった。オリビアの相棒であり恋人のジョンまでもがその犠牲となってしまう。この死んでしまったジョンがこれから様々な事件に関与していきそうなのも見どころの一つではないだろうか。

第2話はまた不思議な事件だ。妊娠もしていない女性が性行為後すぐに妊娠し、出産する。その赤ん坊が数時間後80歳まで急成長し老衰してしまう。ウォルター博士とペンローズ博士の成長ホルモンを促進させ兵士を培養するという実験はこれからの将来本当に起きてしまいそうなものである。

どちらも現実にあり得るかもしれない事件に身震いさえしてしまう。FBI捜査官と科学者の2つの力を併せ持って解決していくこのドラマはこの先どんな不可解な事件が待っているのか楽しみだ。

%フリンジ/FRINGEを観る

合わせて読みたい記事