ネタバレ 2015/03/11

【シャーロック/SHERLOCKシーズン2第1話】のあらすじ【ネタバレ注意】

sherlock2

%シャーロック/SHERLOCKを観る

%第1話 ベルグレービアの醜聞

シャーロックとジョンは複数のレーザーサイトに狙われながらモリアーティーとプールサイドにいた。 仕事が入ったモリアーティは「また連絡する」と、プールサイドから去るとレーザーサイトの光も二人から離れた。

殺人の疑惑をかけられた依頼人が現れる。 人気の無い河川敷で故障車に右往左往する依頼人は故障車の爆発音の後に10数m先の川べりで倒れている男性を発見する。 シャーロックは、ジョンを現場に送りノートパソコンのネット電話で捜査。 事件担当のカーター警部に依頼人は殺人を犯していないと伝えそこで通信が途切れる。 現れたスーツの男にシャーロックは連れ出されていた。 河川敷にも、ジョンを迎えにヘリが来た。

バッキンガム宮殿に連れてこられた二人はマイクロフトとハリーから匿名の高名な女性からの依頼を聞く。 性的サービス業界で「あの女」と呼ばれる女王様アイリーン・アドラーが撮ったまずい写真を取り戻す依頼だ。 写真の存在を知らせただけで何の要求もしないアドラーに興味を持ったシャーロックは1日で写真を取り戻すと豪語。

アドラーは携帯でシャーロックの盗撮写真を眺めご満悦だった。 念入りに身支度をしシャーロック達を待つ。 一方シャーロックも部屋で服を散らかしながら戦闘服を探していた。

暴漢に襲わえたとアドラー宅に侵入するが全裸のアドラーが現れ、小芝居がばれている事に気づく。 シャーロックの観察眼は何故かアドラーだけには発揮されない。 頬の傷を「愛ある物が殴った」と逆に推理して見せるアドラー。 アドラーはシャーロックのコートを着ると河川敷の事件を聞きたがった。 鏡裏の金庫に写真があると推理した所で、CIAの男3人がジョン達を銃で脅した。そしてシャーロックに金庫を開けるように言った。 シャーロックは解除した後に「バチカンのカメオだ!」と身を低くした。 金庫の中の拳銃が自動発砲しCIAの一人に当たった。残りの二人はシャーロックとアドラーが叩きのめす。 携帯を持ち出すシャーロックだったが、アドラーから睡眠薬の様な薬を打たれ意識が朦朧とする中携帯を奪われた。

シャーロックは夢の中でアドラーから凶器のブーメランは川に流されたと河川敷の事件の推理を聞く。 シャーロックの寝室にはアドラーに貸したコートが戻ってきていた。 アドラーのメールを受信すると卑猥な着信音「あ〜ん」が鳴る様に設定されていた。

翌朝、マイクロフトに保険のために写真を持っているだけで彼女は危険では無いと話す。 CIAが関係する事で写真以外にも何かあると推理したシャーロックに、これ以上かかわるなとマイクロフトは話す。 アドラーからデーター入りの携帯が入ったクリスマスプレゼントが届いたシャーロックは メールの内容から彼女は殺されたと推理しマイクロフトに連絡。 顔がつぶされた女性の遺体の体を見てアドラーだとシャーロックは話す。 マイクロフトはシャーロックから目を離さないでくれとジョンに言った。

シャーロックは家に戻るとずっと悲しい曲を作曲していた。 女に連れられた廃墟でジョンはアドラーに会う。 DNA鑑定を細工しアドラーは死んだ事にしていたのだ。 ジョンにせっつかれてアドラーは、シャーロックにメールする。 アドラーは同性愛者と告白するとあの卑猥な着信音が廃墟で聞こえた。 シャーロックはジョンを尾行して廃墟に来ていたのだった。 シャーロックはその場を立ち去ったがアドラーは彼を追いかけなかった。

家に帰ったシャーロックをハドソン夫人を人質にしたCIAが待っていた。 CIAの部下を返らせると、残ったCIA一人をスプレーで退治し、窓から落としてレストレード警部に強盗が押し入ったと電話。 ハドソン夫人は泣き真似をしながらちゃんと携帯を隠し持っていた。

アドラーが窓を破って侵入し携帯を返してほしいと話す。 携帯には悪い事でのし上がったアドラーの身を守るデーターが入っていると。 アドラーは国防省職員が見せてきた世界を救う暗号をシャーロックに解かせた。 旅客機の座席表だとシャーロックは瞬時に推理。

その姿にアドラーは机の上で貴方が2回許しを請うまで一戦交えたいと見つめた。 マイクロフトが関わっていると暗号の一部で気づくシャーロック。 アドラーは暗号の内容をモリアーティーにメールで知らせた。 モリアーティーはマイクロフトに計画を知っていると連絡した。

シャーロックは第二次世界大戦で連合軍が敵軍の暗号解読成功を隠すた為にコベントリーの爆撃を黙認したコベントリーの悲劇が再び行われるのではないかと危惧していた。 マイクロフトに呼ばれたシャーロックは空港のある旅客機を訪れた。 旅客機には遺体が座席に乗っていた。 米英両政府は旅客機の爆発テロが行われる情報を入手していたがその情報源を隠す為に黙認する事としていた。 そこで爆発テロの標的となった旅客機の座席に遺体を乗せ無人操作で飛ばし人的被害の無い計画の予定だったが、シャーロック経由でテロ側に知られてしまい計画は中止。 シャーロックはアドラーに利用されていたのだ。 そこにアドラーが現れ、マイクロフトに身の安全と要求リストを渡してきた。 モリアーティに手ほどきを受けて立ち振る舞い、シャーロック兄弟について「氷の男と童貞くん」とモリアーティが言ってたと話す。 シャーロックは脈と瞳孔の開いた目のアドラーの方が本気で恋をしていた方だと、携帯のパスコードを解く。パスコードはアドラーの心そのものだった。 パスコードは「IAM □□□□ LOCKED」の□に入力して解かれる。 「IAM SHERLOCKED」 携帯をマイクロフトに渡すと、ゲームに負けたアドラーを置いてシャーロックは去った。

マイクロフトはアドラーが2か月前にカラチでテロ組織により斬首刑で死んだが、 アメリカの証人保護プログラムで2度と会えないとシャーロックに伝えてくれとジョンに話す。 ジョンがアドラーの話をすると、シャーロックはアドラーの携帯を貰った。 そしてシャーロックは数か月前にアドラーから「さよなら ミスターホームズ」とメールが来ただけとジョンに話す。

ーーーーー数か月前のカラチ。 斬首刑の前にアドラーはシャーロックにメールを送る。 刀を持ったテロ組織の男からあの卑猥な着信音が聞こえる。 男は、テロ組織に変装したシャーロックで、アドラーを助けに来ていた。

部屋の窓辺で一人アドラーの携帯に触れながらシャーロックは「あの女」とつぶやいた。

%感想

まさかのあのシャーロックが恋をするなんてびっくりしました。しかも相手は女王様。どこか違う次元にいるような二人に似た要素を見つけると本当に恋物語だと確信できました。 また、失恋に心を痛めるシャーロックの様子にいち早く気づいたのが兄のマイクロフトだった事で兄弟間に絆があることを感じさせてもらいました。 最後にアドラーを助け出すけど、もう会えないだろうなと寂しそうなシャーロックは哀愁ある姿で「あの女」にとても愛情があるように思えた一場面でした。

%シャーロック/SHERLOCKを観る

合わせて読みたい記事